「反日」と物議醸したアンジー監督映画、2月に日本公開

印刷

   米女優アンジェリーナ・ジョリーさんの監督映画「Unbroken(アンブロークン)」が「不屈の男 アンブロークン」の邦題で2016年2月に日本公開されることが決定した。

   太平洋戦争で日本軍の捕虜となったアメリカのオリンピック選手、ルイス・ザンペリーニ氏の半生を描いた作品。2014年12月に全米で公開され、アカデミー賞では3部門にノミネートされた。

   作中では日本兵が主人公への虐待を繰り返す様子も描かれていることから、日本では「反日的だ」との声が一部から上がり、インターネット上では公開に反対する署名運動が展開されるなど、波紋を広げていた。

   同作の配給を決めたビターズ・エンドの定井勇二代表は「戦争という厳しい状況での人間を描いている作品で、日本の観客にも見てもらいたい」との主旨のコメントを各マスコミに出している。東京・渋谷の「シアター・イメージフォーラム」を皮切りに順次公開される予定。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中