「週刊将棋」休刊でわかった将棋界の危機 「参加人口」激減、棋士収入も大幅ダウン

印刷

   将棋界唯一の週刊新聞「週刊将棋」が2016年3月30日号(通巻1652号)をもって休刊することがわかり、将棋ファンの悲しみの声がネット上に広がっている。

   将棋専門の紙媒体は90年代には「将棋ジャーナル」「近代将棋」「将棋マガジン」など賑わいを見せていたが休刊が相次ぎ、これで月刊誌の「将棋世界」「NHK将棋講座」を残すのみとなった。将棋人口がここ10年で激減したためだ。

  • レジャー白書によると将棋参加人口は09年の1270万人に対し13年は670万人に激減した
    レジャー白書によると将棋参加人口は09年の1270万人に対し13年は670万人に激減した

協賛金が集まらず棋士では食えなくなっている

   「週刊将棋」の雨宮知典編集長は15年10月20日に公式ホームページで休刊になることを報告した。理由は、

「事業としての現状、将来性を冷静に検討した結果」

であり、1984年から30年以上も続いてきた「老舗」の幕を閉じなければならない、と謝罪した。ピークは羽生善治名人が史上初の七冠独占を果たした96年頃で、そこから部数が減少し続けたようだ。ネット上では休刊への悲しみの声があがり、

「コンビニでも囲碁だけのところが多いしな 。ついに来るべき時が来たか」
「未だに羽生七冠の記事は取ってある。宝です」
「週刊将棋の順位戦予想は毎年楽しみに読んでたよ。どこかで事業引き継ぎしてくれないかなあ」

などといった書き込みが掲示板に出ている。同紙は棋士の結果や動向だけでなく、アマチュアの動向に関しても詳しく伝えていたため、そうした情報が得にくくなると嘆く人もいた。

   レジャー白書によると15歳以上の「将棋参加人口」は09年の1270万人に対し13年は670万人に激減した。将棋に詳しいジャーナリストによれば、人口の減少はレジャーの多様化に将棋も飲み込まれたためで、特に08年のリーマンショック以降の協賛金の減少が響いているのだという。企業などからの協賛金は「名人戦」などの賞金に充てられ、かつては数千万以上を稼ぐ棋士がざらだった。

   しかし、日本将棋連盟が発表した「2014年獲得賞金・対局料ベスト10」を見ると、1位の羽生善治名人が1億1499万円で、5位の豊島将之七段は2160万円、10位の木村一基八段が1634万円となっている。プロ棋士は約160人、

「協賛金の減少によって、相当上位にいかないと棋士では食えなくなっています。苦しい思いをしてプロになることに夢が持てずに諦める人や、対戦における覇気の低下があります。これではスターは生まれないし、ファンも楽しめなくなっているわけです」

とも説明した。このまま将棋はジリ貧になっていくのだろうか。

「楽しみ方やファン層が変わってきている」

   「週刊将棋」の雨宮編集長に話を聞いてみると、

「実は将棋は過渡期を迎えていて、楽しみ方やファン層が変わってきているのです。だから私は参加人口が数字のように減っている感じはしませんし、むしろ若い人たち増えているのではないかと考えているんです」

と語った。過渡期というのはネットで将棋を楽しむ人たちが増えていることだ。ネット上には囲碁などと比べ将棋の情報が満載で、今回の休刊もネット上の盛り上がりによって速報を謳っていた紙媒体としての役割を終えた、ということなのだと説明した。また、「ニコニコ動画」などは将棋の実況中継に力を入れていて、これまで将棋に縁が無かった若者を取り込んでいる。スマホやタブレットで将棋の対戦を楽しむ人たちも相当な数に増えている。

「こうした若い人たちは専門情報などに今はあまり関心がない状態かもしれませんが、やがては将棋界の屋台骨を支える層として育っていく、そんな期待があるのです」

   雨宮編集長は期待を込めて語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中