「割烹 久田」経営者 見習いの股間蹴った容疑で逮捕

印刷

   東京・南麻布の高級日本料理店「割烹 久田」で見習いの男性従業員の股間を蹴って1か月のけがを負わせたとして、警視庁麻布署は2015年10月22日までに同店経営者の久田雅隆容疑者(54)を傷害容疑で逮捕した。複数メディアが報じた。

   報道によると、逮捕容疑は今年4月、店内で20代の男性従業員に「朝のあいさつがない」と言って右肩を突き飛ばし、股間を蹴って全治1か月の重傷を負わせた疑い。久田容疑者は「蹴ったと言われればそうかもしれない」などと供述しているという。

   店は1994年に開店。久田容疑者は人気料理人としてテレビ番組や雑誌等にも登場していた。27日にはNHKの情報番組「あさイチ」にVTR出演する予定があったが、NHKは出演部分を差し替えるとしている。なお、23日12時半現在、公式サイトは「Forbidden」のエラーメッセージが表示され、閲覧できなくなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中