トヨタの次期スポーツカー「S-FR」、ついに世界デビューへ シェア奪い合いの日米市場で巻き返しはできるのか

印刷

   自動車メディアがスクープ合戦を繰り広げてきたトヨタ自動車のFRライトウェイトスポーツカーが、「第44回東京モーターショー2015」(一般公開2015年10月30日~11月8日、東京ビッグサイト)に参考出品されることになった。

   「トヨタS-FR」と名づけられたこのコンセプトモデルは、トヨタがスバル(富士重工業)と共同開発した「86(ハチロク)」(スバル名は「BRZ」)の弟分で、東京が世界でのデビューとなる。ホンダが同じく出品する本格スポーツカー、新型NSXと並び、人気を二分するのは間違いない。限定された市場でトヨタが巻き返しを図れるのか、他社のスポーツカーとの食い合いも含めて久々にスポーツカーをめぐる動きが過熱しそうだ。

  • 「トヨタS-FR」
    「トヨタS-FR」

トヨタ「ハチロク」の弟分、ホンダの新NSXに対抗

   今回の東京モーターショーには、トヨタが2015年末に市販する次期プリウスのほか、ホンダが2015年度内の市販を目指す燃料電池自動車(FCV)を展示するなど、話題には事欠かないが、自動車雑誌などの注目度は圧倒的にトヨタS-FRに集中している。

   S-FRは往年のスポーツカー、トヨタS800を彷彿とさせるスタイリングで、全長3990ミリ、全幅1695ミリ、全高1320ミリと、86/BRZよりも一回り以上コンパクトになっている。エンジンをフロントミッドシップに搭載し、6速マニュアルミッションで後輪を駆動する。トヨタは「自分の意のままにクルマが反応し、日常生活の中でもクルマと対話ができる楽しさを追い求めた」とコメントしている。

   エンジンや車両重量は未公表だが、「エンジンは1.2リッターターボか1.5リッターで、車両重量は1トンを切る。車両価格は150万~170万円で、2017年に発売する」との一部報道もある。

   日本ではミニバンや軽自動車ばかりが売れ、「スポーツカー冬の時代」が続いたが、トヨタとスバルが86/BRZを共同開発して2012年春に発売以来、潮目が変わった。ダイハツがコペンを復活させ、ホンダがS660を発売したほか、マツダがロードスターをフルモデルチェンジするなど、スポーツカー市場が活気を取り戻したのだ。86/BRZのヒットに対抗し、日産がFRスポーツを復活させるという情報も自動車メディアを賑わした。

   しかし、トヨタが86/BRZに加え、S-FRをリリースすることは、カニバリズム(市場の奪い合い)とならないか、一抹の不安はある。国内の販売台数(日本自動車販売協会連合会調べ)は、トヨタ86が6月718台、7月674台、8月541台、スバルBRZが6月234台、7月149台、8月156台となっている。デビュー当初の目標(国内月販で86が1000台、BRZが450台)には届かないものの、デビューから3年余が経過したモデルとしては、上出来の成績だろう。米国では8月に86(サイオンFR-S)が960台、BRZが498台売れており、日米で両車合計2155台を販売している。

日本よりも米国での販売がビジネスのカギ

   これに対して、2015年5月発売の4代目マツダロードスター(国内販売計画、月間500台)は、モデルチェンジ効果で6月は1246台、7月は951台、8月は1051台を国内で販売。8月は米国の1344台と合わせ、日米で2395台となり、86/BRZをリードする。

   4月登場のホンダS660(同800台)も好調で、7月は1155台、8月は858台を販売したが、同社の先輩格、ホンダCR-Z(同100台)は7月71台、8月3台と振るわなかった。世界初のハイブリッドスポーツカーとして誕生したCR-Zだったが、2010年2月のデビュー直後こそ国内月販2000~3000台と好調だったものの、86/BRZの登場やロードスターのフルモデルチェンジであおりを受けた格好だ。

   日本のスポーツカービジネスは、国内市場だけでは成立が難しく、世界最大の市場である米国でコンスタントに販売台数が出なければ存続できない。国内では8月73台にとどまった日産フェアレディZだが、米国では635台を販売。ホンダCR-Zも米国では8月に333台を販売している。

   とはいえ、スポーツカー市場は、国内はもちろん、最大の米国でも販売台数は限られており、日米合わせ、月販数百台の競争となる。トヨタが86/BRZの弟分を投入することで限られたスポーツカーのパイを奪い合うことにならないか。ファンとしては気になるところだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中