浜崎あゆみツイッター、スタッフ運営に突然移行 原因は数日前の「破局騒動」との憶測も

印刷

   歌手の浜崎あゆみさん(37)が過去のツイートを全て削除したことをめぐり、ファンらの間でさまざまな憶測が広がっている。

   浜崎さんは2010年にツイッターアカウントを開設。以来、プライベートの一コマを紹介したり、寄せられた質問に答えたりしながら、100万人以上のフォロワーと親密な交流を続けてきた。

  • アカウントはこんな状態に(27日18時時点のスクリーンショット)
    アカウントはこんな状態に(27日18時時点のスクリーンショット)

今後はスタッフによる管理・運営に

   アカウントに異変が起きたのは2015年10月26日のことだった。これまでに投稿してきた3000件以上のツイートがこの日までに全て消され、「このアカウントは浜崎あゆみスタッフが管理、運営し最新情報を発信して行くアカウントに生まれ変わりました。今後ともよろしくお願い致します」とのアナウンスツイートが1件投稿された。「たまにayu本人も呟くかも...」とも説明していることから、今後、浜崎さん自身は基本的にタッチしない方針のようだ。

   5年以上に渡りファンとの交流の場となっていただけに、突然の発表はファンに大きな衝撃をもたらした。浜崎さんのアカウントには「えっ...突然なんで?」「あゆちゃんのTwitterがまた見たいよ...」などと動揺するコメントが相次ぎ寄せられた。

   また、「なんで今までの大切な物も消してしまったんですか」「ツイートは、Ayuがファンの為に生きた目に見える証拠です」と、ツイートの全削除を疑問視する声も目立った。

   突然の方針展開の真相は未だ明らかにされていない。ツイートは27日18時現在も先のアナウンスが1件投稿されているのみ。27日午前中に送信された公式LINEのメッセージでもツイッターについては触れられていなかった。

   そのため、ファンらの間では「ファン同士の争いを見るのがいやだったのかな」「つぶやきがいちいちニュースになることに嫌気がさした?」「Twitterをさせない方がいいと上から指示があったんじゃないかと思う」などとさまざまな憶測が広がっている。

   中でも有力視されているのが、先日の「破局騒動」が引き金になったという見立てだ。

「攻撃的な文章投げて嫌な気持ちになるのは自分なはず」

   浜崎さんは22日、長身男性と寄り添った自身の写真とともに「#少しずつ何かを忘れていこう#新しい何かに期待していこう#ばいばいMyLove#はろぉMyLove」と意味深長なコメントをツイートした。これが2014年に結婚した米国人男性との破局を思わせるとして、ファンから心配するリプライが殺到することとなった。

   すると浜崎さんは「報告する事とか何もないよ?」と破局を否定し、「楽しい夜に楽しくSNS使っただけだよ 悲しいことがあったわけでもないし そんな日もあるでしょ人間なんやしっ」と説明した。

   さらに同日中には、

「なんだかなー皆が笑顔になれるエンディング用意してあっても結末辿り着く前にわちゃわちゃ強制終了。もっと大きく穏やかな毎日の方が楽しくない?すぐに決めつけて毎度騒ぐよりさ」

と今回の騒動への不満とも受け取れる内容をツイート。また、一部ファンからの厳しいコメントを受けてか、

「あとね顔見えないんだから、せめて言葉使いは見苦しくないようにしたいね。とっさに攻撃的な文章投げて嫌な気持ちになるのは自分なはず」

などともつぶやいた。ちなみにこの時、ファンの間では直接意見した人物が浜崎さんのアカウントからブロックされたことが注目を集め、波紋を広げていた。

   最後に浜崎さんは「んじゃー、またねっ」と自身の笑顔の写真を添えて投稿。この時点でファンの中には「またね」がツイッターを辞めることを意味しているのではと予想する者もいたのだが、結局、更新のないまま26日を迎え、危惧していたことが現実となってしまった。

   もっとも数日前の騒動が原因という話はファンの憶測であり、本当の理由は分からないままだ。なお、J-CASTニュースは27日、浜崎さんが所属するエイベックス・マネジメントに事情を聞くべく取材を申し込んだが、「担当者が不在」として期限までに返答は得られなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中