SEALDs、参院選で「野党間の連携」呼びかける その後、「解散」の方針明かす

印刷

   安全保障関連法の成立に反対してきた学生団体「SEALDs(シールズ)」が2015年10月28日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、16年夏に行われる参院選に向けた活動方針を説明した。

   SEALDsが特派員協会で会見するのは法案成立直前の15年9月16日以来1か月ぶり。前回会見では法案に賛成した賛成議員に対して落選運動を展開する方針を明らかにしていたが、今回の経験では野党間の連携に向けた取り組みを強調。統一候補が実現した際には支援する方針を明らかにした。これに加えて「民主主義をバージョンアップする」として、投票所の増設を呼びかけるなどして投票率上昇に向けた運動にも取り組む。ただし、SEALDsはあくまで安保法案に反対するための「緊急アクション」として立ち上がった経緯もあり、参院選をメドに解散する方針だ。

  • 日本外国特派員協会で会見した「SEALDs(シールズ)」メンバー。左から千葉泰真さん、本間信和さん、芝田万奈さん、諏訪原健さん
    日本外国特派員協会で会見した「SEALDs(シールズ)」メンバー。左から千葉泰真さん、本間信和さん、芝田万奈さん、諏訪原健さん
  • 日本外国特派員協会で会見した「SEALDs(シールズ)」メンバー。左から千葉泰真さん、本間信和さん、芝田万奈さん、諏訪原健さん
    日本外国特派員協会で会見した「SEALDs(シールズ)」メンバー。左から千葉泰真さん、本間信和さん、芝田万奈さん、諏訪原健さん

落選運動にとどまらず「統一候補が出るのであれば応援していく」

   諏訪原健さん(22、筑波大院1年)によると、安保法案通過の際には「賛成議員を落選させよう」と主張するにとどまっていたが、

「民主主義国家の基盤の部分が破壊されていると言ってもいい時代。私たちは立憲主義と民主主義を取り戻す。このことをきちんと選挙の争点にしていかないといけない」

として、野党間の連携を呼びかけた上で、

「統一候補が出るのであれば応援していくなど、様々な形で選挙に具体的に踏み込んでいきたい」

と述べた。

   これに加えて「日本の民主主義をどうバージョンアップするか」にも取り組みたいと話す。具体的には、駅、大学、ショッピングモールなどに投票箱を設置するように呼びかけ

「人が多く集まるところに投票箱を設置することで、投票率が上がる。また、その場所で政治を語るきっかけになったりと民主主義のバージョンアップにつながるのではないかと考えている」

と話した。

息の長い取り組みはSEALDsとは別の枠組みで

   こういった活動は息の長い取り組みになりそうだが、実質的にSEALDsに残されている活動期間は8か月程度だ。SEALDsのEはEmergency(緊急)の略で、あくまで「緊急アクション」という位置づけだからだ。

   芝田万奈さん(22、上智大4年)は、

「みんなが大学から卒業していくということもあるが、緊急アクションとして立ち上がったので、参院選をメドに解散して、その後また個人でやりたい人がいたら個人で集まって団体を作ればいい」

と説明し、諏訪原さんも息の長い取り組みはSEALDsとは別の枠組みで行うべきだとの考えだ。

「その先は衆院選の話で、この国のかじ取りを誰に任せるか、という話になってくる。その時にネガティブなことだけ言っていてもダメで、きちんとどういう方向を目指すのかについて色々な人を交えて話をしていかないといけない。それはエマージェンシー(緊急)とは違うものとして根付いていかないといけない」

   「参院選で解散」の方針は9月26日未明放送の「朝まで生テレビ!」などで中心メンバーの奥田愛基(あき)さん(23、明治学院大4年)が明らかにしていたが、今回の会見で改めて真意が説明された。奥田さんは9月の会見には出席していたが、今回は学業のため欠席した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中