毎日新聞HPが一時「閲覧しにくい」状態に 「アノニマス」の攻撃?

印刷

   毎日新聞社のホームページが2015年11月4日午前から、閲覧しにくい状態となった。同日午後になっても不安定な状態が続いており、閲覧できたり、できなかったりしている。同日の各紙報道によると、国際的ハッカー集団「アノニマス」による攻撃が原因とみられ、同社は原因を調べている。

   ホームページは同日11時前から13時前までの約2時間にわたり、ほとんど閲覧できない状態となった。一時的に復旧したものの、14時ごろから再び閲覧しにくい状態となった。同日夕現在は、ほぼ正常に閲覧できている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中