時事通信の公式ツイッターが「炎上」 「E.T.」の米脚本家の死に、作品は「泣くほどのものか」と言い切る

印刷

   スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒット映画「E.T.」や宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」(英語版)などの脚本を手がけたメリッサ・マシスンさんの訃報が出た2015年11月5日、時事通信の公式ツイッターが「炎上」し、問題のツイートを削除することになった。

   時事通信は「編集部より」と明記し、映画「E.T.」について、「『泣くほどのものか』とあきれた記憶が甦る」などと綴ったため、それを見たファンらから強い反発を招いた。

  • 時事通信はツイートを削除。同社公式HPの日本の脚本家を紹介するページにリンクされていた。(画像は公式ツイッターのスクリーンショット)
    時事通信はツイートを削除。同社公式HPの日本の脚本家を紹介するページにリンクされていた。(画像は公式ツイッターのスクリーンショット)

「優れた邦画を書く脚本家も増えた」とリンクを張る

   メリッサさんは1950年生まれで、1979年公開の映画「ワイルド・ブラック 少年の黒い馬」脚本家としてデビューした。82年公開の「E.T.」ではアカデミー賞にノミネートされた。83年に俳優のハリソン・フォードさんと結婚し2人の子どもをもうけたが04年に離婚している。最新作は16年7月公開予定のスピルバーグ監督作品映画「The BFG」で、公開を待たずに病院で亡くなった。

   メリッサさん死亡のニュースは日本でも一斉に報じられるなか、時事通信は公式ツイッターで15年11月5日に「編集部より」と明記し、

「『E.T.』を書いた米国の女性脚本家が亡くなった。作品のエンディングで映画館からすすり泣きが聞こえ、『泣くほどのものか』とあきれた記憶が甦る。優れた邦画を書く脚本家も増えた。てなわけで『脚本家・私が書いたあのドラマ』」

とつぶやいた。

何の謝罪も説明もないとしてさらに批判が拡大

   このツイートに張られているリンク先は時事通信の公式ホームページで、そこでは日本の有名脚本家を写真付きで紹介している。このツイートに対し「人が死んでるんですよ」などといった批判が出て、

「無礼にも程がある」
「絵に描いたような、死者に鞭打つ人情の欠片もないツイートですね。 どのような意図が御有りなのでしょうか...。理解に苦しみます」
「時事通信の編集部には異常な人がいるようだ。これ書いたの時事通信の何方ですか?」

などといったコメントがこのツイートに寄せられ、この状況を多くの掲示板やまとめサイトでこの話題が取り上げたことで「炎上」状態になった。

   時事通信は翌日の15年11月6日昼過ぎにこのツイートを削除し、現在は見ることができなくなっている。また、時事通信は問題のツイート削除について何の謝罪も説明もしておらず、そのことで、ネットでの批判の声はさらに大きくなっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中