ジョン・レノン使用ギター、ロック史上最高値の約3億円で落札 50年以上も行方不明だった

印刷

   ビートルズのジョン・レノンさんが使用し、その後紛失して50年以上行方不明だったアコースティック・ギターが、米ロサンゼルスのオークションで2015年11月7日、241万ドル(約3億円)で落札された。13年に落札されたボブ・ディランさんのエレキ・ギターの96万5000ドル(当時約1億円)を上回り、ロック関係のオークションでは史上最高値となった。米競売商のジュリアンズ・オークションズが発表した。

   落札されたレノンさん使用のギターは、ギブソン社の1962年製「J-160E」だ。62年9月にレノンさんが161ポンド(当時約16万2000円)で購入したが、63年12月の英ロンドンでのクリスマス公演で紛失し、以来50年以上にわたって行方が分からなくなっていた。それが2014年になり、米在住の男性が所持していることが分かったという。

   紛失時の事情や、この50年間の経緯、紛失なら本来はジョン・レノンの遺族に返されるべきなのになぜオークションに出たのかなどについては、今回の発表ではとくに明かされていないようだ。

   レノンさんはこのギターで、ビートルズの曲「P.S. I Love You」「Love Me Do」をレコーディングしたほか、「She Loves You」「Please Please Me」「All My Loving」を作曲する際にも使用したと言われている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中