京都の小学6年生「大麻も吸ったことがある」 先生びっくり、入手ルートはどうなっているのか?

印刷

   京都市の公立小学校に通う6年生の男子児童(12)が喫煙しているとし、教員が辞めるよう指導したところ、「大麻も吸ったことがある」などと語り、その証言に信憑性があったため京都府警は捜査に乗り出した。

   京都では2015年に入り、未成年による薬物事件が急増している。15年10月には男子高校生4人が大麻を所持していたとして逮捕された。高校生らは知人から譲り受けた大麻を無料通信アプリ「LINE」を使って売買していたが、小学生はどんなルートで手に入れたのだろうか。

  • 小学6年生の男子児童が「タバコだけでなく大麻も吸ったことがある」。薬物汚染はどこまで広がるのか?
    小学6年生の男子児童が「タバコだけでなく大麻も吸ったことがある」。薬物汚染はどこまで広がるのか?

小学校の「禁煙指導」でわかった

   京都市教育委員会によれば、この小学校は生徒の「禁煙指導」を強化していた。そうした中、ある6年生男子がタバコを吸っているという情報を得て、15年10月14日に問いただしたところ喫煙を認めた。この男子は、さらに「大麻も吸ったことがある」と話したという。男児は大麻の吸引方法やどんな経路で入手したのかを具体的に説明したため、小学校は信憑性が高いと判断し、保護者と連絡を取ったうえで教育委員会と京都府警に知らせた。教育委員会は、

「京都市内で小学生が大麻を吸ったなどという話はこれまで聞いたことが無い」

と話している。

   京都府警少年課に取材してみると、

「現在は捜査中であり、実際に小学生が大麻を吸っていたのかどうかも含め話すことはできない」

という事だった。そして男児の周辺からは大麻草や吸引器具などはまだ見つかっていないのだという。それでは男児の狂言だったのか、というと、そうではないらしく、何らかの具体的な背景があることを匂わせていた。

京都で少年の大麻、覚せい剤事件が急増中

   京都では未成年者の薬物事件が今年に入り急増していて、15年9月末現在で、未成年者による薬物事件の摘発・補導件数は11件あった。前年の同期は0件だというのだから驚きだ。府警によるとこの11件の内訳は大麻が5件、覚せい剤が6件だという。

   さらに15年10月には京都市内の山科、伏見の男子高校生2グループが摘発され、合計4人が大麻取締法違反容疑で逮捕されている。報道によれば4人以外の男子生徒11人の自宅を府警が調べたところ7か所から大麻の吸引器が見つかったという。大麻の入手は大麻を所持している知人(25)から男子高校生のうちの一人が譲り受け「LINE」を使って仲間に売っていた。また、「大阪市で密売人から買った」と証言した高校生もいたという。大麻の入手ルートは多岐に渡っている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中