キャンセル続出のパリ便 年明けには運賃も下がる?

印刷

   パリの連続テロで出張のキャンセルが相次ぐなか、航空運賃にも異変が起きそうだ。東京-パリの運賃は元々値下がり傾向だったが、事件後はその傾向が顕著になりつつある。

   現時点では「特に運賃は変更していない」というサイトでも、年明けにはさらに安い運賃が出る可能性があるとみている。

  • パリへの航空運賃は値下がりするのか
    パリへの航空運賃は値下がりするのか

ネットで「朗報」と話題の運賃は事件前から設定されていた

   テロは日本時間で2015年11月14日朝に起きた。それから5日ほど経った11月19日には、「【朗報】パリ行き航空券、安い」というタイトルとともに、比較サイト「イーツアー」の検索結果がネット上に書き込まれた。中国国際航空で北京を経由し、「往復1万4000円」(税・サーチャージ別)という破格の値段だ。これがネット上では「テロのせいで安くなった」と話題になった。ただ、イーツアーの広報担当者は、

「特に事件後に金額の変更は行われていない」

とネット上で流れている見方を否定。事件前から「破格の運賃」だったという訳だ。「イーツアー」は航空会社や旅行代理店が提示する運賃を一覧表示して、利用者が安い運賃を選べるのが売りだ。イーツアーでは、

「年末年始はすでに多くの予約が入っているため、仮に安くなるとすれば1月中旬出発の運賃なのでは」

と、今後安い運賃が提示される可能性があるとみている。

平均購入額は事件後に下げ幅拡大

   一方で、別の価格比較サイト「スカイスキャナー」で実際に購入された価格の推移をみると、すでにテロ事件の影響が表れているように見える。

   事件が起きる直前の11月10~13日のパリ-日本間のエコノミークラス往復券の平均購入額は前年同期比0.7%減の658.2ポンド(約12万3700円)だった。これに対して事件後の11月14~18日の平均購入額は3.8%減の687.8ポンド(約12万9300円)。事件後の方が下げ幅を拡大していることが分かる。今後、航空会社や代理店が提示する運賃が安くなる見通しを踏まえると、購入金額もさらに下がるとみられる。

   これに加えて、パリ旅行への関心も確実に下がっている。「スカイスキャナー」で15年11月10日から18日にかけて日本発の運賃を検索した回数は前年同期比で144%伸びた(2.44倍になった)のに対して、パリ便の検索回数の伸びは45%(1.45倍)にとどまった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中