五輪エンブレム、応募総数は約1万5000点 委員長「1つを選考するのは至難の業」

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2015年12月7日、新エンブレムデザイン案の公募受け付けを締め切り、応募総数が1万4599点だったと発表した。著作権を侵害していないか、他のマークと混同されないか、といった応募要件を確認して年内に100~200点に絞り込み、来春決める予定。16年1月7日から9日までの3日間で、21人のエンブレム委が本審査をする。

   審査にあたるエンブレム委員会の宮田亮平委員長(東京芸大学長)は「多くの方に参画してもらい、感激している。最終的にたった一つを選考するのは至難の業だが、皆さんに納得いただけるようなプロセスでしっかりと審査していく」とのコメントを発表した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中