富山湾「ひみ寒ぶり」記録的な不漁 例年の1割

印刷

   富山湾の名産品「ひみ寒ぶり」の記録的な不漁が続いている。豊漁の時ならば1日に1000匹のぶりが水揚げされるが、2015年1月4日は30匹程度で、早ければ11月だった本格的シーズンを告げる「寒ぶり宣言」は年を越したままだ。

   氷見漁港の水揚げ数は、昨年10月末から12月末まで例年の1割ほどにとどまる約3000匹程度。しかも小ぶりなものが多かった。北陸新幹線開業で「ひみ寒ぶり」を観光の目玉と考えていた旅館や割烹などの業者も頭を抱えている。原因は冷たい海水が漁港近くを流れているため、ぶりがそれを避けて沖に出たと言われているがはっきりしていない。ぶりの数全体が減っているというわけではなく、新潟県佐渡島の漁港には1日に600匹ほどが水揚げされ、兵庫県香美町の漁港は30年ぶりの大漁となっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中