銚子電鉄に「髪毛黒生」駅誕生 「鉄道収入だけで食えない」苦肉の策に賛否湧く

印刷

   「髪毛黒生」(かみのけくろはえ)。これが実際にある駅名なのだから驚く。千葉県銚子市の海沿いを走る銚子電鉄が、駅の命名権(ネーミングライツ)を企業に販売する、思い切った「財政再建策」に乗り出した。

   銚子電鉄が持つ唯一の路線「銚子電気鉄道線」の9駅分を売りだし、すでに7駅が決定。2015年12月から「髪毛黒生」をはじめユニークな愛称がそれぞれに付けられたが、ネット上の反応は「現状を変えようという意気や良し」「なんだか違和感」と賛否両論が沸き起こっている。

  • 「髪毛黒生」の愛称がついた笠上黒生駅
    「髪毛黒生」の愛称がついた笠上黒生駅

「企業様の広告宣伝ツールの一つ」

   銚子電鉄が駅のネーミングライツを募集し始めたのは2015年5月11日からだ。始点銚子駅から終点外川駅までの10駅中、銚子駅を除く9駅について募集。公式サイトに掲載された要項によれば、募集目的は「駅舎や車両など鉄道資産の維持に係る費用を賄い、今後の安全かつ安定的な輸送に資すること」で、「企業様の広告宣伝ツールの一つ」と捉えてほしいと訴えた。

   7月31日の締め切りまでに複数の企業が応募し、7駅の愛称が決定。実際に12月1日から運用が始まった。正式な駅名は変わらないが、契約期間の1年間、愛称が駅舎やホームの看板、時刻表に並んで掲載されたり、車内アナウンスで一緒に呼ばれたりする。なお、同社の担当者によると、まだ決まっていない2駅についても「追加募集をかける」という。

   仲ノ町駅は、千葉・茨城・埼玉の3県にパチンコ店「パールショップ」を展開するカクタ(千葉市)が「パールショップともえ 仲ノ町駅」と命名。犬吠駅は、旅行代理店の沖縄ツーリスト(那覇市)に「One Two Smile OTS 犬吠埼温泉 犬吠」と名付けられた。

   そして、「笠上黒生」(かさがみくろはえ)駅が「髪毛黒生」となった。この駅の名付け親はヘアケア商品を製造・販売するメソケアプラス(東京都港区)。もともと毛髪を連想させる正式の駅名が意外な「コラボ」を生んだ。

   こうした特徴的なネーミングはSNSですぐさま話題となり、複数のメディアに取り上げられたが、ネット上の反応は賛否両論分かれている。

「現状を変えようという意気や良し」
「いいセンス」

という称賛の声や

「なんだか違和感」
「迷走している」

との声も少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中