町内会って、そもそも入る必要あるのか 小栗旬・山田優夫妻「ご近所トラブル」で浮かんだこと

印刷

   俳優の小栗旬さん(33)と山田優さん(31)夫妻の「ご近所トラブル」が週刊誌で報じられている。コトの真相はわからないが、夫妻が町内会に加入していないことに、会の役員が「残念」だと漏らしているというのだ。

   だが、加入はあくまで任意だ。入る必要性やメリットはどれほどあるのだろうか。この報道をきっかけに「町内会問題」を考えてみた。

  • 豪邸に住んでいるらしい小栗さん一家だが…(画像は2015年6月撮影)
    豪邸に住んでいるらしい小栗さん一家だが…(画像は2015年6月撮影)

ゴミステーション、防犯灯の維持管理、夏祭り...

   2016年1月4日発売の「週刊ポスト」によると、夫妻は都内にある約2億円のマンションで1歳の娘と暮らしている。そのすぐ近くには、小栗さんが2014年秋に建てた推定約2億円の一軒家がある。

   ある日、町内会役員から加入を案内された山田さんは、一軒家は仕事場であり、マンションが自宅だと主張した。その上で「町内会費はマンションの管理費に含まれているので、こちらでは払う必要がないと主人から聞いております」と話したという。

   しかし別の役員は、同マンションでは誰も町内会に入っていないし、管理費で町内会費を徴収していることもないと同誌に説明し、「困った時にご近所で助け合えるのに残念だなとは思います」とコメントしている。

   町内会(自治会)は、自分たちの町をより住みよい町にすべく、住民たちが自主的に集まって活動している組織だ。傍目からは具体的に何をしているのか分かりにくいが、地域にまつわるさまざまなことを行っている。

   活動内容は各組織で異なるものの、一般的には防犯パトロールや防災訓練、ゴミステーションの管理、美化活動、子供の見守り、敬老会、夏祭りなどが主な内容だ。防犯灯の維持管理を担っているケースも多い。

   行政だけではまかなえない地域の活動を、住民が結束して行うことには意義があるだろう。身の回りの問題解決、近隣住民との交流、地域情報の収集といったメリットもある。

加入・脱退をめぐりトラブルも続出

   一方、加入すれば当然ながら会費がかかる。年間2000~3000円ならまだいいが、2万円を超えるケースもある。会費に加え、掃除当番や集金係など何かしらの仕事を担うこともあるだろう。

   加入はあくまで任意だ。自治体によっては条例で加入を促しているケースもあるが、いずれも義務ではない。05年には最高裁で「自治会は強制加入団体ではなく、退会は自由である」との判決も出ている。

   昨今、加入率は低下の一途をたどっているとも言われている。負担の重さから加入をしぶったり、脱退したりするケースが相次いでいるのだ。それに伴い、加入者と非加入者間のトラブルが全国いたるところで起きている。

   2014年には、宇都宮市の複数の住民が自治会を脱退したところ、自治会側によって家の周りの街灯が外されたり、ゴミステーションが撤去されたりする出来事があったと報じられ、話題になった。

   インターネット上の掲示板でも、

「自治会に入ってないのでゴミは自分で焼却場まで持っていけと言われた」
「自治会を抜けたとたん、近所から村八分にされた」
「退会を申し出たら『非常識で自分勝手』と許してもらえなかった」

といった報告が散見される。他に「個人情報を提出したくない」という声も少なくない。

   小栗・山田夫妻のケースの真相は不明だが、同地域の年会費は2400円とのこと。仮に払っていなかったとしても、豪邸に住む2人にとってはわずかな出費だろう。もしかしたら会費とは別に、加入したくない理由があったのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中