ジャパネット、高田明氏「テレビ終了」の影響度 「経営は大丈夫なのか」の声相次ぐ

印刷

   通信販売大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高田明氏(67)が2016年1月15日の放送でテレビショッピングの出演を終えることになった。

   高田氏は2015年1月に長男の旭人氏に社長を譲った当時から、その後の1年間に限ってテレビ出演する予定だったという。2016年はジャパネットたかた創業30周年の節目にもあたり、引退を決めた。

  • 高田社長引退後の動向やいかに(画像はジャパネットたかたの公式フェイスブック)
    高田社長引退後の動向やいかに(画像はジャパネットたかたの公式フェイスブック)

1月15日放送の出演最後の商品にも注目

   社長退任を機に経営からは身をひいており、テレビ出演がなくなることで、会社関係で露出することはほぼなくなりそうだ。

   甲高い声に象徴されるハイテンションと独特の語り口での商品説明が注目された高田氏。1986年1月16日に前身のカメラ店「たかた」を設立すると、1990年から地元放送局でラジオ通販を始め、1994年にはテレビショッピングに進出。ジャパネットたかたを年間売上高が約1538億円(2014年12月期)の会社へと成長させた。

   最後のテレビ出演がどういう形になるかは未定だが、高田氏は現在、佐世保市にある撮影スタジオにこもり、東京のスタッフを集めて番組作りのノウハウや商品説明のコツなどを伝えている。『極意』の伝授は引退する日まで続くという。

   高田氏のテレビ出演引退というニュースを受け、ネット上では「長い間お疲れさまでした」「寂しくなる」「(高田氏が)一番うまい。誰も代われないだろうな」「最後の商品は何になるんだろう。見たい」「まだ続けてほしい」など引退を惜しむ声が圧倒的だ。

   同時に、「この会社、高田前社長でもっていたのでは」「やめたら会社は大丈夫なのか」「引退と同時に業績悪化ということもあり得る」といった会社の行く末を不安視するコメントも並ぶ。

バラエティー番組進出の期待も

   2016年1月の最後のテレビ出演を終えてから高田氏がどんな活動を続けていくかについては、「具体的には決まっていない」(ジャパネットたかた関係者)という。ただ、社長退任と同時に個人会社を立ち上げており、「これまでとは異なる生き方をしたいという決意は固い。このまま「隠居」することはない」(同)そうだ。

   高田氏は以前から講演活動を行っており、それはこれからも継続していくという。テレビのバラエティー番組やワイドショーなどへの出番を期待する声もあり、そうなれば、テレビショッピングとは違う形でお茶の間でお目にかかれることになる。

   どんな形であれ、あの甲高い声が、世の中に何を発信していくのか。引退後も注目を集めそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中