アップルウオッチ「時計としてはありえない」 カシオが初の「スマートウオッチ」で突きつけた挑戦状

印刷

   「これまでのスマートウオッチは、時計として必要最低限の機能を備えていなかった」──。アップルウオッチを念頭に、こんな挑戦的な言葉で、国内の腕時計メーカー、カシオ計算機が初となるスマートウオッチ「WSD-F10」を2016年1月5日に発表した。

   同社が掲げたコンセプトは、「スマートアウトドアウオッチ」。1990年代に一世を風びしたデジタル時計「G-SHOCK」を彷彿とさせる、耐久性や使いやすさを追求したという製品になるという。価格は7万円(税別)で、16年3月下旬に発売予定だが、果たしてライバルを出し抜けるのか。

  • カシオの「スマートウオッチ」に期待高まる
    カシオの「スマートウオッチ」に期待高まる

海外メディアからは「クレイジー」の声も

   カシオ計算機のスマートウオッチは、米ネバダ州ラスベガスで16年1月6日から9日まで開催された国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で発表された。登山やサイクリング、釣りといったアウトドア用途に特化した製品で、5気圧の防水性能や米国防総省の軍用規格に準拠した耐久性を備えるという。

   アップルウオッチに代表される「日常での使用」を想定した既製品とは全く異なるコンセプトに、CESの会場に集まった海外メディアも大きな注目を寄せた。

   なかでも、英国のIT系ニュース・レビューサイト「Wareable」は、同製品を「クレイジー」だと評している。クレイジーとは、「アウトドア向け」というコンセプトに対しての評価で、「本当に成功するのだろうか?」と疑問を呈している。しかし、耐久性や使いやすさを重視した製品スペックについては、「スマートウオッチ業界全体にとって、大きな分岐点になる可能性を秘めている」と高い評価もしている。

   日本のネットユーザーからとくに注目されているのは、「1か月以上」の長時間駆動が可能となる「タイムピースモード」(省電力モード)を搭載している点だ。モノクロとカラーの液晶二層構造で、スマートフォンアプリを使用しない場合はモノクロ液晶だけを表示させるため、消費電力を大幅に節約できる。さらに、振らないと時計表示されないアップルウオッチと違って時刻を常に表示することも可能だ。

   「1日に1回は必ず充電しないと使いものにならない」など、今までのスマートウオッチの「大きな欠点」として指摘されてきた問題点が改善されるのではないかと、期待を寄せるユーザーが少なくないのだ。

「はじめて時計と呼ぶに値するスマートウオッチか」
「電池1か月持つモードが『それが欲しかったんだよ!!』感ある」
外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中