「猫は不妊・去勢手術して屋内飼い」 新潟県条例に「虐待だ」と愛猫家噛みつく

印刷

   「猫は不妊・去勢手術をして、屋内で飼うべき」――。こんな飼育基準を盛り込んだ新潟県の動物愛護条例の改正案が、ネットで賛否を呼んでいる。

   猫の殺処分数を減らすための施策で、罰則は設けず飼い主の努力を促す内容だというが、一部の愛猫家からは「動物虐待だ」と過激な声があがっている。

  • 猫の飼い方をめぐる条例が賛否呼ぶ
    猫の飼い方をめぐる条例が賛否呼ぶ

「屋内飼育を行うなど周辺環境の保全に努めること」

   新潟県がこのほど作成した改正案では、猫の飼い主は「屋内飼育を行うなど周辺環境の保全に努めること」と、「繁殖制限措置を講ずるよう努めること」が求められる。放し飼いによる予期せぬ繁殖を防ぎ、猫の殺処分を減らすことが目的だ。改正案は16年2月の県議会定例会に提出し、7月の施行を目指しているという。

   こうした改正案に、一部の愛猫家が噛みついた。ネット上には、

「室内飼いなんて虐待みたいで嫌だ」
「は?屋内飼い、不妊・去勢しておいてどこが動物愛護なんだ?猫に対する虐待だろ」
「猫の自由に生きる権利を剥奪してはいけない」

など、過激な意見が次々と書き込まれている。

   一方で、「猫を飼う際に不妊や去勢するのは当たり前」「そもそも猫は放し飼いOKというのが間違っている」といった冷静な見方をする人も少なくない。また、屋内飼育には猫の交通事故や感染症を防ぐメリットがあると指摘する声もある。

   新潟県生活衛生課はJ-CASTニュースの取材に対し、条例改正に向けた動きは「時代を考えれば、当然の流れでしょう」と答えた。実際、千葉県や京都市など、すでに「猫の屋内飼育」を飼い主の努力義務として条例に盛り込んでいる自治体も多い。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中