被害者はベッキー、SMAPに甘利大臣... 偶然にしてはすごいゲス乙女・川谷の「呪い」

印刷

   NHK紅白歌合戦に出演後、年明けのベッキーさん(31)との不倫騒動で一躍時の人となった「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さん(27)に「疫病神説」が浮上している。これまでに関わった人たちが次々とスキャンダルに見舞われているというのだ。

   もちろん単なるこじつけに過ぎないのだが、あまりに偶然が重なったことから、ネット上では「川谷の呪い」としてまことしやかにささやかれている。

  • NHK紅白歌合戦にも出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(2015年12月29日撮影)
    NHK紅白歌合戦にも出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(2015年12月29日撮影)

楽曲提供した数か月後に大ピンチ

   1人目は言うまでもなくベッキーさんだ。

   既婚者であることを知らされぬまま仲良くなり、カミングアウトされた後も不倫交際にひた走ったとされるベッキーさんは、今回の騒動が原因で芸能人生を大きく狂わせた。「優等生」のイメージは一気に崩れ、CM契約企業に多額の違約金を支払う可能性まで報じられている。

   同じく「呪いの被害者」とされているのが、分裂・解散騒動で世間を騒がせているSMAP。

   川谷さんはこれまでいくつか楽曲を提供しており、2015年9月にリリースされた最新シングルでは2曲目「愛が止まるまでは」の作詞・作曲を手がけていた。偶然つけた曲名がSMAPのデビューシングルの曲名とそっくりだったことから、当時はツイッターで「運命を感じます」ともつぶやいていた。

   しかし、それから数か月後、SMAPは結成以来最大級のピンチに陥った。

甘利大臣、ニコニコ顔で歌っていたが...

   2016年1月21日発売の「週刊文春」で賄賂疑惑が報じられた甘利明・経済再生相(66)もその1人だ。2015年5月の記者会見では、

「わたし以外わたしじゃないの~当たり前だけどね、だから...マイナンバーカード!」

と、マイナンバーカードの認知度向上のためにゲス乙女のヒット曲「私以外私じゃないの」を替え歌で披露し、話題になった。だが、当時のニコニコ顔はどこへやら。21日の国会では野党からの厳しい追及にひたすら苦しい表情をみせていた。

   もちろんこれらは単なる偶然にすぎないのだが、年明け早々の3大スキャンダルに絡んでいるとあって、ツイッター上では

「川谷絵音と関わると両成敗される」
「ベッキー・SMAP・甘利大臣と川谷のゲスノートの効果凄すぎ!」
「ゲスの楽曲は呪いでもかかってんの?」

と話題になった。

   ネット上では以前から、タレントの東原亜希さんのブログが「書き込まれた人物や企業は高確率で不幸になる」という都市伝説的扱いを受け、「デスブログ」とも呼ばれているが、川谷さんの話は「これに匹敵する」という声もある。いずれも偶然であるのは間違いないのだが...。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中