「昔は腐ったご飯も洗って食べた」 「みのりフーズ」経営者開き直りに「いいかげんにしろ!」の声が殺到

印刷

   愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者「ダイコー」が横流しした廃棄食品を不正に転売したとされる「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)の実質的な経営者、岡田正男氏(78)の開き直りぶりが、インターネットで話題だ。

   みのりフーズからは、カレーチェーン店の「CoCo壱番屋」の冷凍カツのほか、新たに流通大手のイオンやファミリーマート、冷凍食品のニチレイフーズなどの廃棄商品が次々と見つかり、不正転売されたかもしれない商品は108品目にも及んでいる。

  • 廃棄食品の不正転売?「みのりフーズ」の実質的な経営者に怒り、呆れる!(画像はイメージ)
    廃棄食品の不正転売?「みのりフーズ」の実質的な経営者に怒り、呆れる!(画像はイメージ)

「おかしなニオイがしても何にも思わんけどね」

   「すでに消費者の口に入ってるかもしれないのに・・・」「ふてぶてしいにもほどがある」――。インターネットには、みのりフーズの「実質的な経営者」とされる岡田正男氏の暴言に、怒り、呆れぎみの声が多く寄せられている。

   囲まれた報道陣に、「開き直り」とも思える発言がこれだ。

「違法性があるとは全然思っていない。タダでもらって売ったのならともかく・・・」

消費者に対しては、

「私ら昔食べる物が無いもんだから腐ったご飯も洗って食べた。おかしなニオイがしてもこどもの頃は平気で食ってた人間ですから。何にも思わんけどね」

   たしかに、賞味期限は安心して食べることができる期限を表示しているので、期限が過ぎたからといって必ずしも食品が腐って食べられなくなっているとは限らない。

   とはいえ、廃棄処分になるはずの食品を横流しで手に入れたうえ、不正転売した「経営者」に、「腐ってもいない食べ物でガタガタ言うな」などと言われたくはない。

   その悪びれる様子もない態度に、インターネットでは、

「じゃあお前が残さず食って処分しろや」
「俺が大丈夫だからみんな大丈夫ってか。いいかげんにしろよ!」
「時代に取り残されたんか? 企業の責任者が言う発言じゃない」
「社長本人も『食中毒になったから騒ぐならわかるけど、何で買った売っただけで騒ぐねん...』としか思ってなさそう」
「お前が食うのは勝手や。それを人様に売るなボケ」

と、怒りが収まらないようなのだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中