群馬の「シャブばばあ」急浮上に県警「こっちが教えてもらいたい」 清原和博容疑者の覚醒剤入手先は誰なのか

印刷

   元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の覚醒剤入手先候補に突如、群馬県が浮上している。

   群馬県内では有名な通称「シャブばばあ」と呼ばれる暴力団関係者の女性から購入し、ラブホテルで使っていた――そんな報道が飛び出すと、「群馬県はシャブの原産地か」と驚く声や「何をしていた」と群馬県警を責める声がネットに広がった。しかし、県警の担当者は取材に「報道が先行している。むしろこっちが色々教えてもらいたいくらい」と複雑な胸の内を打ち明ける。

  • 「シャブばばあ」と清原容疑者の関係は…(画像は清原容疑者の公式ブログより。現在削除)
    「シャブばばあ」と清原容疑者の関係は…(画像は清原容疑者の公式ブログより。現在削除)

ネットでは「シャブ御殿」も特定?

   覚醒剤の所持と使用を認めながら、依然入手先を自供していない清原容疑者。しかし、ここ数日、詳しい行動パターンがマスコミで報道され、その中で群馬県が入手先として急浮上している。

   報道によると、群馬県内にある高速道路のインター付近やサービスエリアなど目立たない場所で密売人と接触、手に入れた覚醒剤を県内のラブホテルで使っていた、という。そして、清原容疑者に覚醒剤を密売した「黒幕」は「シャブばばあ」と呼ばれる女性だという証言が飛び出した。

   2016年2月8日付け日刊スポーツ電子版によると、この女性は、中高年の暴力団関係者で、長年にわたる覚醒剤密売で「シャブ御殿」と称する自宅を県内に建てたほどの「大物」。また、清原容疑者が多いときは月数回も群馬で密売人から覚醒剤を購入していたという。

   報道をうけ、ツイッターでは

「群馬まで行かんとシャブ買えんのか」
「群馬県はシャブの原産地...?」

といった驚きの声が上がり、「シャブばばあ」という言葉自体もその語呂の良さからトレンドワードとなった。

   あくまで噂に過ぎないものの、一部ネット掲示板では「シャブばばあ」の活動拠点や「シャブ御殿」の所在地がすでに「特定」される事態になっている。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

マロン部

   続きを読む

PR 2016/9/7

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中