ラオックス、「爆買い」で最終益6.5倍 15年12月期

印刷

   総合免税店大手のラオックスは、2015年12月期の最終利益が前年比約6.5倍増えて80億円に、本業のもうけを示す営業利益が約4.9倍増の85億円と、いずれも過去最高になった。2016年2月12日に発表した。売上高は84.6%増の926億円だった。中国人観光客を中心にした「爆買い」で、国内店舗の業績が伸びたことが寄与した。

   ただ、ラオックスでは、2015年秋以降に中国人観光客の購買単価が低下傾向にあることなどをリスク要因とみており、16年12月期の連結業績予想は売上高が7.8%増の1000億円、営業利益は18.4%減の70億円と慎重な見方を示した。

   また、世界経済の不安定さや、最近の急激な円高進行やリピーターの増加で客単価がさらに下がると警戒感も強めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中