つるの剛士「僕はイクメンなんかじゃない」 「言葉の一人歩き」に疑問投げかけるツイートが反響呼ぶ

印刷

   宮崎謙介衆院議員の不倫問題で「育休」という言葉が改めて注目される中、イクメンタレントとして知られるつるの剛士さん(40)のツイッター発言が話題になっている。

   つるのさんは、「育休」や「イクメン」という言葉が一人歩きしているのではないかと疑問を投げかけたのだ。

  • イクメンという言葉の違和感を吐露
    イクメンという言葉の違和感を吐露

「イクメンになりたくて育児休業したわけじゃない」

「僕が以前からずっと懸念し続け各所で訴え続けていた『イクメン』『育休』のワードだけの一人歩き現象。僕は別にイクメンになりたくて育児しているわけでも、育児休業を取得したわけでもありません」

   つるのさんは、2016年2月12日にこう呟いた。

   10年に2か月育休を取得したことで話題を呼んだつるのさんは、以前からツイッターを通して自分が「イクメンキャラ」と評されることの戸惑いを伝えてきた。つるのさんにとって育児のため仕事を休む期間は、日頃子育てに携わる妻の心情を理解するための「妻助休業」や仕事の基盤となる家庭環境を整える「家庭月間」と表現するほうがしっくりくるといい、育児休暇やイクメンというワードに馴染めないという。

「僕は『イクメン』なんかじゃなく、普通の父親、愛しの妻の夫、一家を守る主人です」
外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中