不倫宮崎氏は議員の仕事する暇あったのか LINE「トーク」1日400回が意味するもの 

印刷

   不倫疑惑で議員辞職を表明した自民党・宮崎謙介衆院議員(35)の「お相手」とされる女性タレント(34)が騒動後初めてテレビ番組に出演し、宮崎氏が無料通話アプリ「LINE」で送ったトークの内容を赤裸々に明かした。

   多い日は1日400回もLINEトークを送りあった2人。1日中こまめに携帯電話(スマートフォン)をチェックしない限り到底届かない回数で、ネットでは「仕事せぇよ!」「ちょっと病的」と、その「異常性」を指摘する声が寄せられている。

  • 1日中「LINE」チェックしていた?(2016年2月12日撮影)
    1日中「LINE」チェックしていた?(2016年2月12日撮影)

1日10回も「すき」と送る

   女性は2016年2月15日に放送された情報番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)にVTR出演した。宮崎氏と初めて出会ったのは通常国会召集日の1月4日。「和服の着付け」を手伝った関係で知り合い、フェイスブックで自分からメッセージを送った。

   以後、2人はLINEでのやり取りに移行し、より深く親密な仲となる。「おはよう」から始まり、毎日朝から晩までトークを送りあった。それは多いときで1日400回にも上り、気付くと「読むのが大変なくらい、いっぱい(トーク)履歴がわーっとある」という状態になった。

   同時に、女性は宮崎氏が送ったLINEトークの内容も明らかにした。「私のど真ん中はソナタ」「会いたくてたまらない病」「今夜は誰のもの?...今夜は」「お会いしとうございます」「裏切られたらどうしよう。死ぬ!」など、切々と恋心を訴えるものが多かったようで、ある時は「すき」というメッセージが1日10回も送られてきたらしい。前後を顧みない、「猪突猛進」のアタックぶりが浮き彫りとなった。

   2人が密かに情を通じあっていた頃、宮崎氏の妻・金子恵美衆院議員(37)は出産を控え、国会では新年度予算案の集中審議が続いていた。

   そんな背景もあったためか、番組出演者から厳しい意見が相次いだ。元経産官僚の岸博幸さんは「(国会会期中に)こんなくだらないこと言っている場合じゃない」「論外です」とバッサリ。番組司会で女優の真矢みきさんも「裏切られたらどうしよう」のLINEトークに触れた際、「死になさい」と冷たくコメントした。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

マロン部

   続きを読む

PR 2016/9/7

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中