小澤征爾氏、グラミー賞受賞 8度目のノミネートで初

印刷

   世界最高峰の音楽の祭典「第58回グラミー賞」の授賞式が2016年2月15日(日本時間16日)に米ロサンゼルスで行われ、指揮者の小澤征爾さん(80)が最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞した。8度目のノミネートで初の快挙となった。

   受賞作品は、長野県松本市で2013年8月に開かれた音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)で指揮したオペラ「子どもと魔法」を収めたCDアルバム。サイトウ・キネン・オーケストラが演奏し、地元の合唱団も参加した。

   小澤さんは音楽祭公式サイトを通じ、

「この『子どもと魔法』は僕の大事な仲間であるサイトウ・キネン・オーケストラとすばらしい歌い手たちと創った作品で彼らのお陰で、充実した練習と公演ができてとても楽しかった。それが松本のフェスティバルの力なのだと思う。たいへんうれしく、みんなとこの作品を創れたことを誇りに思います。仲間たちとこの喜びを分かち合いたいです」

とのコメントを寄せた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中