松方弘樹、「脳腫瘍の可能性」で長期療養へ

印刷

   俳優の松方弘樹さん(73)が脳腫瘍の疑いのため、長期療養することになった。所属する「夢グループ」が2016年2月23日、報道各社へのファクスで発表した。

   ファクスでは「医師の診断の結果、脳腫瘍の可能性があり、担当医師より長期療養ならびに検査が必要との診断を受けました」と報告。これに伴い、3月1日から予定していた公演「夢コンサート」は降板し、6月からの主演舞台「遠山の金さんと女ねずみ」は中止する。

    報道によると、松方さんは2月13日に体調不良を訴え、現在も都内の病院に入院中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中