早稲田、慶応、立教も――大学「ネット出願」が急拡大中 もはや「志願者増加」期待できない?

印刷

   大学受験から「願書」が消えるかもしれない――。ここ数年間のうちに、紙での受付手続を廃止し、「ネット出願」へ完全移行する大学が急増している。

   2016年2月24日にも、早稲田大学と慶應義塾大学、立教大学の私大3校が、17年入学の一般入試の出願受付をネットに一本化すると発表したばかり。すでに、私立・国公立あわせて73大学が、紙の願書を廃止している。

  • 早稲田でも一般入試の「願書廃止」、ネット出願一本化へ
    早稲田でも一般入試の「願書廃止」、ネット出願一本化へ

旧帝大でも京大、九大が計画

   大学受験における「ネット出願」導入の動きは、私大を中心に急速に進んでいる。大学受験専門誌「蛍雪時代」を発行する旺文社が15年9月に実施した調査によると、私立521大学のうち43.2%が16年度入学試験でネット出願を受け付ける。現時点では導入していないが「将来的に実施を検討している」と答えた大学も28.1%に達した。

   また、同社が12月に行った調査によると、16年度入学の一般入試では私立・国公立あわせて73大学が、紙の願書を完全に廃止し、受付をネットに一本化したという。14年度入学試験に紙の願書を廃止していたのは近畿大と東洋大、中京大(一般入試のみ)の3大学だけだったことを考えると、「願書廃止」の動きは急速に広がっているように思える。

   こうした動向について、旺文社は「受験者の利便性向上」と「大学側のコスト削減」が背景にあると分析している。具体的には、願書や受験案内を製造するコストを削減するとともに、願書の内容をチェックする人手を減らし、業務効率の向上を図る狙いがあるという。

   一方で、国公立156大学のうちネット出願を実施している大学は約8%に留まる。その理由について同社は、

「私大のように別の学部を併願できないため、そもそもの志願者数が少なく、初期投資に見合うコスト削減効果が得られないため」

とみている。また、国立大の場合には「各大学が足並みを揃える」風潮があったため、私大と比べて導入が遅れた側面もあるという。

   ただ、17年度入学試験からは、旧帝国大学の京大や九大でも導入されることが決まっており、こうした動きが他の国立大に波及する可能性は高いという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中