630万回のテストに耐えた「IKEA」の椅子 オードリー春日が「生放送」で壊し、ネット騒然

印刷

   日テレ系情報番組「ヒルナンデス!」で、オードリーの春日俊彰さん(37)が630万回のテストに耐えたというIKEAの椅子を試したところ、椅子が壊れてしまった。

   「生放送」で見た視聴者からは、一体どうなっているのかとの声が殺到し、ネット上で大きな話題になっている。

  • 耐久テストも話題になる(ユーチューブから)
    耐久テストも話題になる(ユーチューブから)

バキッ!という音がして椅子の片方の脚が折れる

「超ロングセラーの絶対壊れない椅子に、筋肉自慢の春日さんが挑みま~す」

   2016年2月24日昼放送の「ヒルナンデス!」では、水ト麻美アナがこう切り出して、IKEAからのプレゼントコーナーが始まった。番組ではこの日、スウェーデン発の世界的家具チェーンIKEAを特集しており、その最後にコーナーが放送された。

   まずオードリー相方の若林正恭さん(37)が、視聴者2人にプレゼントされるアームチェア「ポエング」を紹介した。日本人がデザインし、30年以上も売れ続けているといい、「デザインだけでなく、耐久性にも優れていてですね、お店で行われている630万回以上のテストに耐えた」と説明した。

   春日さんは、すでに椅子に座ってご機嫌な様子で、若林さんが壊れないことを試すように伝えると、座ったまま跳ね上がった。「オー」と何度も奇声を上げながらその動作を繰り返し、若林さんも春日さんを数回押す。すると、「バキッ!」という音がして椅子の片方の脚が折れ、2人とも後ろに転倒してしまった。

   出演者からは悲鳴が上がり、若林さんは「壊れました!」と叫んだ。これに対し、水トアナが「正しく使えば壊れませんので、ご安心下さい」とフォローし、その場は収まった。

   CMの後に、業を煮やした司会の南原清隆さんが春日さんに謝るよう促すと、春日さんは、「普通あんな座り方しないからね~。ホントにバカヤローですよ」と自らを責める素振りを見せた。続いて、若林さんも「でも、よく見たら壊れてなかった」「さすがIKEA」と自らの発言に「修正」を入れていた。

   このシーンは「放送事故」としてネット上で話題になり、様々な意見が書き込まれている。

体重100キロ超や子供の飛び跳ねは想定外

   春日俊彰さんが椅子から跳ね上がったりしたことについて、「これは普通に壊れるだろ」「若林が押したのがいけなかったな」といった声が出た。一方で、椅子の耐久性について疑問を呈する向きもあり、「これからは春日に耐久テストしてもらわないとな」「イケアは大ダメージだぞ」といった反応もあった。

   アームチェア「ポエング」の耐久テストを撮影したとみられる動画も、ユーチューブで見つかって話題になっている。

   それを見ると、座面や背もたれに機械が何度も荷重を加えてテストしていた。このテストについて、「優しく押しているだけ」「少ししょぼくないか」といった声も漏れていた。

   IKEAのサイトでは、ポエングは1万円台から販売しており、「品質保証のご案内」という文書もあった。そこでは、座面に100キロ、背もたれに30キロの荷重を5万回加えてテストしたとあり、それ以上の過度の負担がかかる使用は10年の品質保証は適用されないと書いてある。

   春日さんが試して壊れたことについて、イケア・ジャパンのPR担当者は、「許容範囲を超えた使い方になると思います」とJ-CASTニュースの取材に説明した。耐久テストについては、「体重100キロの方が座って背もたれに30キロの力が加わることを想定しています」とし、100キロを超えたり、子供が飛び跳ねたりすることは想定外のようだ。

   630万回というのは、番組で紹介された店舗でデモンストレーションした結果であり、実際のテストは5万回だそうだ。ポエングについては、「世界中でその安全性が認められており、自信を持っています。この製品については、これまでに訴訟の報告も聞いていません」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中