「民主くん」、民主党からの雇い止め危機に「闘争宣言」 政敵「産経」に援軍求める「炎上ツイート」も

印刷

   民主党の岡田克也代表と維新の党の松野頼久代表が2016年2月26日に会談し、「新党協議会」を立ち上げて16年3月に合流するとした合意文書に署名した。この「協議会」で新党の名称も検討するが、そこでにわかに脚光を浴びているのが、民主党のゆるキャラ、「民主くん」。

   新党名には「民主」が含まれないとすれば、民主くんが「お払い箱」になる可能性が現実味を帯びてくるからだ。こういった点を各紙が指摘すると、民主くんは各紙の記事をツイッターで大量に紹介。記者会見でも幹部が「手厚い対応をとらなければいけない」と口にするほどの注目を集めている。

  • 枝野幸男幹事長と「頑張るぞー」(2015年8月の公認会見で撮影)
    枝野幸男幹事長と「頑張るぞー」(2015年8月の公認会見で撮影)
  • 答えにくい質問には「おさっしください」
    答えにくい質問には「おさっしください」

非公認キャラから2015年に党の「公認」獲得

   民主くんは07年に党内の有志によって作られ、「非公認」の状態が続いてきたが、「ゆるキャラグランプリ」出場のために15年8月に党からの公認を獲得。ゆるキャラGPでは、1727体中、142位にランクインした。

   民主くんは自由奔放な発言で知られており、党としても「話題になるのならば炎上上等」とばかりに事実上容認してきた。新党結成による「雇い止め」リスク浮上後も、そのキャラクターは変わらないままだ。

「新党名、ロゴ、また、綱領などを一新して新党を立ち上げる方針を確認しました」

という2月23日のニュースには、自らのツイッターアカウントで

「『など』が気になる。『など』が!」

と反応。そして、新しい党名に無理やり「民主」の文言を残そうと、独自の提案もしてみせた。

「ゲスな提案!『〇〇党と民主くんとなかまたち』 ドン引きしないで~」

   民主くんは、自分が取り上げられる記事にも注目。特に産経新聞については、民主くんが同紙を読んでいる写真を載せて、

「産経新聞にもご心配頂きました!みなさん!産経新聞を購読しましょう!」

とツイートし、

「産経新聞さんは、他紙と比較して取りあげられる回数が段違いで多いんです!しかも好意的に!産経新聞さんは読者を大切にしてくれます! 」

などと激賞。産経新聞も一連のツイートを記事にするなど、「相思相愛」ぶりが際立つ形になっている。

長妻代表代行「われわれも本当に労働者を大切にする政党でして...」

   2月25日に行われた長妻昭代表代行(元厚生労働相)の会見では、

「民主君はクビになってしまうのか」

という質問も出た。長妻氏は、

「われわれもですね、本当に労働者を大切にする政党でして...色々ね、雇い止めとか、そういう問題にも取り組んできたわけでありますので...」

と言いにくそうに答え、会見場は爆笑につつまれた。今後は、枝野幸男幹事長や維新側と対応を検討する考えだ。

「もしそういうこと(雇い止めなど)になるのであれば、手厚い対応をとらなければいけないと思う。相当、党内でも民主くんの行く末を心配する声もある。責任を持って幹事長と一緒に対応していきたいと思う」
「やっぱり、そういう親しまれている度合いもよくよく見ながら、この(新党)協議会にわれわれも臨んでいきたいと思います。新党名も含めて」

   民主くんは、この発言を報じる記事を見て

「『手厚い対応』に期待(o゚▽゚)oワクゥ♪ 体臭がやばくなってきたので香水なんかがうれしいかもしれません」

とツイートする余裕を見せていた。

   ただ、民主くんの公認を発表した15年8月の会見では、枝野氏は

「若い人が政治に関心を持っていただいて、まず民主くんが自力でブレイクしてくれたらいい。ブレイクしたら、色々便乗を考えたい」

などと終始冷淡だった。どの程度「手厚い対応」に関心があるかは未知数だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中