「三ちゃん」めちゃイケ降板のなぜ 「素人」のままなら許されたか

印刷

   「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)のレギュラーメンバー「三ちゃん」こと三中元克さん(25)が、番組を降板することになった。きっかけは、いわば「素人枠」で出演していた三中さんが、芸人への転身を目指したこと。プロになっても出演を継続させるべきなのかオーディションが行われ、視聴者投票により「不合格」の判断が下された。

   公開オーディションにより2010年10月、芸能人以外で唯一メンバー入りを果たした三中さん。以来5年半にわたり、アルバイトのかたわら「めちゃイケ」に出演し、番組が足柄サービスエリアの出店をプロデュースした際には、連日「総支配人」として店頭に立つなどの活躍を見せていたが、どうして降板することになったのだろうか。

  • 「めちゃイケ」は、フジテレビの看板番組
    「めちゃイケ」は、フジテレビの看板番組

「プロレス」から逃げ、芸人の道を模索

   素人らしさがセールスポイントだった三中さんの「立ち位置」が変化したとみられるのは、2014年10月だった。東北を拠点に活動している「みちのくプロレス」の練習生となり、プロレスラーを目指す企画がスタートしたのだ。しかし、三中さんは指導に耐えきれず、東京へ戻ってしまう。再チャレンジの機会も設けられたが、またもや「逃走」。せっかく活躍の場が与えられたのに、それをみすみす逃してしまう。視聴者からは批判が飛ぶようになった。

   そこへきての芸人転身だ。高校の同級生と、お笑いコンビ「サンプライズ」を結成し、さまざまな所属事務所にオーディションを受けに行くが、事務所の反応は芳しくない。16年2月27日の放送では、「隠しカメラ」を駆使して、挑戦の日々を振り返っていた。放送では「プロレス逃走」の直後ながら、友人と合コンに興じる光景も写された。

   最終的に2社から声がかかり、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと契約したのだが、そこに待ったがかかった。10年のオーディションで三中さんに敗れ、吉本の先輩でもある「ダイノジ」の大地洋輔さんが、涙ながらに「プロとしてもう一回、スタート立って、オーディション受ければいいじゃないですか」と提案。三中さんはそれを受け入れる。

   番組の終盤、ネタを生披露し、テレビのデータ放送機能を使って投票を実施。約63万票が集まったが、合格44%、不合格56%となり、降板が決まった。合格するであろうと予想していたメンバーは、ぼうぜん。「こんなことって、あるのか」という声が漏れるなか「ナインティナイン」の岡村隆史さんは、苦し紛れな様子で「またオーディションしようや」と声をかけていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中