辺野古訴訟で政府・沖縄県、一転して「和解」 移設工事を「直ちに中止」

印刷

   米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設計画をめぐり、政府が沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事を訴えていた代執行訴訟で、2016年3月4日、政府と沖縄県の双方が福岡高裁那覇支部が示した和解案を受け入れ、和解が成立した。安倍晋三首相が3月4日、発表した。

   和解条項では、政府が代執行訴訟、沖縄県が関連の訴訟を互いに取り下げ、政府は辺野古沖の埋め立て工事を直ちに中止することなどを定めている。

   菅義偉官房長官は3月4日午後の記者会見で、「辺野古への移設が唯一の解決策」と繰り返しながら、和解案を受け入れた理由を

「現在のように、国と沖縄県が訴訟合戦を延々と繰り広げるような関係のままでは結果としてこう着状態が続き、学校や住宅に囲まれ、市街地の真ん中にある普天間飛行場をはじめ、沖縄の現状がさらに何年間も固定化されることになりかねない」

と説明した。

  • 記者会見する菅義偉官房長官
    記者会見する菅義偉官房長官
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中