NHK「受信料長州力」サイトが瞬殺 「力ずくで徴収か」批判もあり「開設中止」

印刷

   NHKが公開していた「受信料長州力」のティザーサイト(公式開設前の予告サイト)に、突然、新サイト開設中止のお知らせが掲載された。

   新サイトではプロレスラーの長州力さんが案内役となり、若者に受信料制度への理解を深めてもらい、受信契約の手続きを促すような内容を検討していたそうだが、「私どもの意図について正しくお伝えすることが難しい」という結論に至ったという。ネットでは、「長州と(強制)徴収をかけているのか」などと反発の声も挙がっていた。

  • NHK広報局は公式ツイッターでも告知していた(写真は公式ツイッターのスクリーンショット)
    NHK広報局は公式ツイッターでも告知していた(写真は公式ツイッターのスクリーンショット)

「視聴者の皆様から様々なご意見をいただきました」

   ティザーサイトが公開されたのは2016年2月29日のこと。NHK広報局の公式ツイッターは同日、

「NHKの受信契約はお済みですか?なに? まだだって?お前の新生活、いいスタート、キレてないですよ!?はやく『受信料長州力』で、アレしなきゃダメだ! コラ!」

と、長州さんの口調をまねながらこれを告知していた。

   サイトには「受信料長州力(ジュシンリョウチョウシュウリキ)」という大きな文字とともに長州さんの写真が掲載され、「2016.03.14 長州力がパワーホール全開でNHKのド真ん中に立つぞ!」などと記されていた。

   ところが3月4日、突然、下記のお知らせ文が掲載された。

「3月14日に開設を予定していたこのサイトは、長州力さんが案内役となって若い方々に公共放送の役割や受信料制度への理解を深めていただき、受信契約の手続きをしていただけるような内容を検討していました。しかし、予告したところ、視聴者の皆さまから様々なご意見をいただきました。このままサイトを開設しても、私どもの意図について正しくお伝えすることが難しいと考え、開設を中止しました」

   ティザーサイト公開後、インターネット上では「長州」と「徴収」をかけているのではないかという指摘があがることに。「受信料を力ずくでも徴収してやる!」という宣戦布告ではないか、として批判的な意見も寄せられていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中