SNH48「大やけど」めぐり乱れ飛ぶ憶測 「検証実験」「事故でなく事件説」の過熱

印刷

   中国・上海を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ、SNH48のメンバーが大やけどを負ったニュースは、中国の芸能メディアでも大きく取り上げられている。当初は知人との口論の末、持っていたライターの火が何らかの原因で服に燃え移ったとみられていたが、事故当時に近い服装で再現実験したところ、火は燃え広がりにくいという指摘も出ている。

   実験の結果を踏まえると、人為的に可燃物を投げつけるなどしないと大やけどを負う可能性は低いとの指摘もあり、大やけどが「事件」なのか「事故」なのか、様々な憶測が広がっている。

  • 中国のネット番組「好奇実験室」では検証実験を行った。炎は男性が簡単に吹き消すことができた
    中国のネット番組「好奇実験室」では検証実験を行った。炎は男性が簡単に吹き消すことができた

検証実験では息を吹きかけるだけで鎮火

   大やけどを負ったのは、タン・アンチーさん(23)。2013年に2期生としてSNHに加入し、73人が立候補した15年の「選抜総選挙」では28位にランクインする人気メンバーだ。複数の中国メディアによると、3月1日にタンさんが知人と2人で上海市内のコーヒーショップにいたところ、タンさんが突然炎に包まれて全身の80%にやけどを負った。口論するような声が聞こえた直後に、助けを求める叫び声が聞こえたという情報もある。微博(ウェイボー)のSNH48の公式アカウントによると、3月4日に1回目の皮膚移植手術を受けたが「今後1か月は菌に感染しやすい時期で、危険な状態を脱していない」と、予断を許さない状況だ。

   当初の「火が服に燃え移った」という見方は、3月3日に中国のネットメディア「好奇実験室」が公開した検証実験の動画で覆されつつある。実験動画では、当時タンさんが着ていたものと似た素材の服に火をつけたが、息を吹きかけるだけで鎮火。アルコールをかけた上で再び火をつけると、服はあっという間に溶けてぼろぼろになってしまった。そのため、この動画では、何らかの可燃物がなければ大やけどするまでに燃え広がるようなことはないとの見方をしている。

   中国のネット上には、事故当時のものだとされる写真が拡散中だ。写真左側にはタンさんとみられる火に包まれている人影、右側にはその様子をじっと見つめる人が写っている。

   右側の人の手元には液体の瓶のようなものが写っており、右側に写っている人がタンさんに何らかの危害を加えたとの見方も出ている。だが、この拡散されている写真が本当に事故当時のものかどうかは明らかではなく、SNHの公式アカウントでは

「皆さんに対して、事実でないことを拡散するのをやめるようにお願いしたい」

と呼びかけている。

日本のメンバーからも心配の声が続々

   日本のメンバーからも、続々とタンさんを気遣う声があがっている。SNHと名古屋のSKE48を兼任している宮澤佐江さん(25)は3月2日、

「心が苦しくて苦しくて...何も出来ないのにどうしようどうしようと、気持ちが落ち着きません。悲しい。。。とにかく無事を祈ります。心から祈ります。お願い...」

とツイート。AKB48グループ総監督の横山由依さん(23)も

「祈ることしかできないのがもどかしいですが、無事でありますように」

と返信した。SNHとAKBを兼任し、今は主に日本で活動している鈴木まりやさん(24)も、

「本人は今すごく戦ってるんだろうなと思います、現地のメンバーのことを考えても胸が締め付けられてただただ祈ることしかできないのが悔しい とにかく本当になによりも命が無事であってほしい お願いします」

とツイートしている。

   タンさんの治療には数百万元(100万元=約1730万円)単位の費用がかかるとみられており、SNH48の運営会社が全額負担を表明している。3月8日には、タンさんの回復を祈る公演が行われている。収益はタンさんの治療にあてられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中