「くまモン」商品、ついに売上高1000億円突破 ライセンス料取ってればなぁ......?

印刷

   熊本県のPRキャラクター「くまモン」を利用した商品の売上高が2015年に初の1000億円を突破した。県が実施したくまモン利用商品 を扱う業者へのアンケート調査で分かった。それによると、売上高は前年から56.6%増の1007億7800万円で過去最高を更新した。

   品目別では、くまモンをパッケージに使った農産物やお菓子などの食品が68.7%増の835億500万円で、ぬいぐるみやキーホルダーといったグッズなどは16.5%増の172億7300万円だった。

  • くまモンは申請して知事の許諾が下りれば「無料」で商品などに利用できる(写真は2016年2月撮影)
    くまモンは申請して知事の許諾が下りれば「無料」で商品などに利用できる(写真は2016年2月撮影)

売上把握しているのは7割ほど

   これまでの売り上げは、調査を始めた2011年に25億5600万円だったのが、2012年には293億6000万円、2013年は449億4500万円、2014年に643億2200万円と右肩上がりに増え、2015年にはとうとう1000億円の大台乗せ。この5年間での累計売上高は2419億円超を記録した。

   増える一方の売り上げだが、2015年の急伸に寄与したのが食品関係の売り上げ増だった。特に「JAの農産物に利用が広がった影響が大きい」(県関係者)といい、JA分に限れば前年の約3倍(202%増)の487億8700万円だった。

   また、2014年6月からは海外販売も解禁。2015年に初めて通年での集計が可能となり、台湾や香港、タイなどで21億400万円を売り上げたことが分かった。

   調査はくまモン利用商品を扱う5160業者が対象で3830業者から回答があった。ただ、回答率は74.2%で、「販売額未整理などで回答がなかった業者もあり、実際の売上高はさらに増える」(同)とみられる。

誕生日は2011年3月12日

   2011年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開業をきっかけに誕生したくまモン。誕生日は全線開通日の3月12日で、仕事は「いちおう公務員」。県の営業部長兼しあわせ部長として国内外で熊本のPR活動を精力的に続けている。2011年のゆるキャラグランプリで1位に輝くと、国内だけでなく、海外でも人気となった。

   くまモンは申請して知事の許諾が下りれば、無料で商品などに利用できる。これまでの利用許諾件数は2万件。あまり制限を加えず、ある程度は自由に利用できるという県のブランド戦略が当たり、「利用業者が増えて売り上げも伸びる」(同)という好循環につながっている。もしライセンス料を取っていれば、ここまで広がらなかったというのが大方の見方だ。売り上げの1%、いや0.1%でもライセンス料を取っていれば県に巨額の収入をもたらしたろうに......という見方もあるが、まさに仮定の話だ。

   くまモンは誕生のきっかけとなった九州新幹線PRにも一役買っている。

   鹿児島ルート全線開通から5年を迎えるのを記念し、JR熊本駅の白川口に「くまモン駅」の看板が掲げられた。駅構内には駅長室も設置。9月末までくまモン関連のイベントが行われる予定だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中