マイナンバー盗み撮りで立件 高松市

印刷

   部下の女性のマイナンバーを不正に撮影したとして、香川県警高松南署は2016年3月15日、高松市の男性会社員の男(56)をマイナンバー法違反などの容疑で追送検した。各紙が3月16日に報じた。男は15年11~12月の間、勤務先のパート従業員(37)の自宅に侵入し、マイナンバーの通知カードをスマートフォンで撮影した疑いが持たれている。男は16年2月、女性宅に侵入したとして、住居侵入の容疑で逮捕されている。マイナンバー法は15年10月に施行され、同法違反の容疑で立件されるのは初めてだとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中