いっこく堂、脳内出血で緊急入院

印刷

   腹話術師のいっこく堂さん(52)が軽度の「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」のため入院した。2016年3月22日夜、所属事務所が公式ブログで報告した。

   ブログによると、自宅にいた20日深夜にめまいで倒れ、顔面を廊下に打ち、意識を失った。家族が救急車を手配し、緊急搬送されたが、頭部のCT検査と血液検査では異常がなかったため、この日は帰宅した。その後、頭痛や吐き気が一向に治まらないため、22日に再度検査。すると、ごく少量の脳内出血があり、軽度の「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」と診断された。

   事務所は倒れた原因について、

「断定はできないのですが、『迷走神経反射』ではないかと思われています。特に持病もない人でも、何かのきっかっけで起こるめまいの症状だそうです。普段お酒は飲めないのですが、梅酒を2~3㎝飲んだため、ちょっと気持ち悪かったそうです」

と説明。今後については

   「脳内の出血については、これ以上どんどん出血しなければ問題はないので、手術はしません」としつつ、「食欲が全くなく、水分すら吐いてしまいますので、点滴が必要で、安静にしていた方がいいので 結局、今夜入院することにしました」

と報告している。入院は1週間程度の予定という。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中