アイドル騎手「ゼッケン窃盗」事件が「せつねぇな」 出頭51歳に付き添った「母」に同情の声

印刷

   日本中央競馬会(JRA)の所属騎手としては16年ぶりに誕生した女性ジョッキー・藤田菜七子騎手(18)がデビュー36戦目で初勝利を飾った浦和競馬。そのレースで使用したサイン入りのゼッケンが何者かに持ち去られた事件で、2016年3月28日に51歳の男がゼッケンを持っているとして埼玉県警浦和署に出頭した。

   関係者以外立ち入りが禁止されている業務館に侵入し関係者を装ってゼッケンを持ち去るという巧妙な手口の犯行のようだが、出頭時に母親に付き添われていた、という驚きが広がっていて、ネット上では「いったいどんな男なのか?」と話題になっている。

  • 関係者に成り済まして藤田菜七子騎手に近付き、勝利した時に身に着けていたゼッケンにサインを書かせて持ち出したとされる51歳の男が母親に付き添われ出頭した(写真はイメージ)
    関係者に成り済まして藤田菜七子騎手に近付き、勝利した時に身に着けていたゼッケンにサインを書かせて持ち出したとされる51歳の男が母親に付き添われ出頭した(写真はイメージ)

「51歳の母親っていうと80前後か......」

   浦和署に取材をしたところ、横浜市戸塚区に住むこの51歳の男は16年3月28日正午に母親に付き添われ出頭した。手には藤田騎手のサイン入りのゼッケンがあった。この男は競馬界ではちょっとした有名人だったようで、藤田騎手が初勝利した3月24日に関係者以外立ち入り禁止の業務館に関係者を装って侵入した人物であることが確認でき、浦和署は建造物侵入容疑で男を逮捕した。

   ゼッケンの持ち去りについては捜査中で、窃盗なのか、だまし取った詐欺なのか、強引に奪う恐喝だったのか、それによって容疑が変わってくると話した。出頭したのは報道やネットでこの事件が大きな話題になり、観念したのではないか、ということだった。母親に付き添われて来たことについては、知能や肉体に障がいがあるわけではないため、

「少年や青年ならいざ知らず、いい年をした男が母親に付き添われてくるというのは、極めて稀なケースです」

と説明した。ネット上でも母親の付き添いが話題になり、

「お母さんがかわいそうでもう・・・」
「50にもなって母親に付き添われて、しかも若い女のゼッケン窃盗なんて地獄だな」
「51歳の母親っていうと80前後か......せつねぇな」

などと母親に対する同情の声が大きくなっている。

ヤフオクに出品するために盗んだ?

   いったいこの51歳の男はどんな人物なのか。報道などによれば、職業は元警備員で現在は職業不詳。競馬場で何らかの騒ぎを起こし「競馬場の出入り禁止リストに載っている人物」なのだという。事実かどうか定かではないが、ネット上では藤田騎手が初勝利した日の夕方、オークションサイトにサイン入りゼッケンが出品され高値が付き、それがいつの間にか削除されていた、などと話題になった。

   藤田騎手の関連グッズは、ヤフオクなどに多数出品されている。浦和競馬では、川崎競馬の厩務員のみに配布されるポロシャツを着用して侵入したという。口取り写真にも参加し、そうした様子が写った写真がネット上に拡散している。男はレースを終えた藤田騎手に接触し、ゼッケンにサインをねだった。サイン入りのゼッケンは記念品として浦和競馬に保管したい、などと説明したため藤田騎手が了承したのだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中