「ラブライブ!」声優騒動でAV界が「特需」に沸く メーカーが「緊急再販決定」

印刷

   人気アニメ「ラブライブ!」の主演声優で、アイドルユニット「μ's(ミューズ)」のセンターをつとめる声優・新田恵海さんの「アダルトビデオ出演疑惑」が、AV業界に「特需」を巻き起こしている。

   新田さんでは、と報じられた人物の「出演作」は、出演疑惑が取り沙汰された後、amazonやAV配信サイトの売上ランキングで1位を獲得(4月8日19時時点)。こうした状況の中、販売元のAVメーカーはパッケージ版の「緊急再販」を決定した。

  • AV配信サイト「MGS動画」のバナー広告(画像は編集部が一部加工)
    AV配信サイト「MGS動画」のバナー広告(画像は編集部が一部加工)

AV売上ランキングを「総なめ」

   首都圏などで16年4月5日に発売された「週刊アサヒ芸能」(4月14日号)が、新田さんとみられる女性が出演していたとして、AVメーカー「プレステージ」の『素人図鑑File‐07』(08年12月発売)を取り上げた。

   こうした報道に対し、所属事務所の「S」は4月5日、公式サイト上で「当該の記事とみなされている人物は、新田恵海本人ではないという結論に至りました」と否定。さらに、新田さんのAV出演疑惑を報じた「アサ芸プラス」(週刊アサヒ芸能のウェブ媒体)の記事が削除されたことから、ファンからは「誤報を認めたか」「やっぱり別人だった」などと安堵する声が漏れている。

   だが、ネット上では一部のユーザーによる「特定作業」が進み、歯並びやホクロの位置、耳の形状などが「完全に一致」するとして、「本人に間違いない」と指摘する声が上がっていることも確かだ。なかには、今回の作品を「声紋鑑定」した結果、本人と「声の性質がよく似ていた」と分析するユーザーもいる。

   結局のところ、新田さんが本当にAVに出演していたかどうかは藪の中だ。ただ、AV出演疑惑が報じられた後、作品の売れ行きは伸び続けている。4月8日19時時点で、配信サイト「DMM.R18」の売れ筋作品ランキング、amazonのアダルトカテゴリの売上ランキングでともに1位を獲得している。

発売元は「(本人なのかは)ご回答できません」

   今回のAV出演疑惑で「特需」を迎えているのが、作品の販売元であるプレステージだ。同社が運営するAV配信サイト「MGS動画」には、騒動を踏まえた「噂のアイドルの動画を今すぐ買って、今すぐ観れる」とのバナー広告が一時掲出されていた。

   さらに、ツイッターやネット掲示板などには、AVショップを経営しているとみられる複数のユーザーから「プレステージさんから素人図鑑07緊急再販のメールが」「たった今、ある界隈で話題になっている過去の作品を『緊急再販』するというお知らせがきました」といった報告が出ている。

   パッケージ版を「緊急再販」するとの噂が出ていることについて、プレステージの広報担当者は16年4月8日のJ-CASTニュースの取材に、再販は事実だと認めた上で、

「店舗様からのお問い合わせが多かったのが理由です。発売は4月中旬を予定しております」

と答えた。また、ネット上では同社が騒動の発覚後、未公開映像を含めた「完全版」を改めて配信したとの噂が出ている。だが、同社担当者は、

「いま話題になっているのは、11年4月に配信したものです。一部のユーザーが改めて発見し、大きな話題を呼んでいるのでしょう」

と経緯を説明した。

   なお、J-CASTニュースはプレステージに対し「該当のAVに出演している女性は新田さん本人なのか」という点も問い合わせたが、「その件については、ご回答できません」との返答だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中