モデル・マギーが寿司の「ネタだけ」パクリ 「職人に失礼」「刺身食ってこい」と大騒動

印刷

   寿司職人の目の前で、シャリからネタだけをはがして食べる――。ハーフタレントのマギーさん(23)がバラエティー番組で見せた「寿司の食べ方」に、ネット上で「職人に失礼」「マナー違反だ」との批判が相次いでいる。

   均整のとれたプロポーションでモデルとしても活躍するマギーさんは、「炭水化物抜きダイエット」を続けていることで知られる。そのため、ツイッターなどでは、「ダイエットのために寿司のシャリを残した」と見る向きが強いようだ。

  • 寿司の食べ方で「炎上」
    寿司の食べ方で「炎上」

「上だけで食べていいですか」

   2016年4月11日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、「プロフェッショナルに聞く!お寿司屋さん100倍活用術」と題した特集が放送された。その中で、番組に出演した大手回転すしチェーン「スシロー」の職人は、同チェーンで提供している「ハマチ」には「背身」と「腹身」の2種類があると暴露。

   ハマチの腹身はマグロでいう「トロ」の部分に当たる希少な部位。一般的に背身よりも脂のノリに優れていて「おいしい」とされているため、職人への注文は受け付けず、全ての客に行き渡るよう回転レーンだけで提供しているという。

   そこで、番組の月曜レギュラーであるマギーさんが、2種類のハマチを握った寿司を食べ比べてみることに。スタジオの中心に移動したマギーさんは、目の前に用意された寿司からネタだけを箸でつまみ上げ、

「私、上だけで比べていいですか?」

と一言。その後、職人の了解を得た様子もないまま、「ネタだけ」を口に運んだのだ。

   こうした食べ方で2種類のハマチを味わったマギーさんは、「全然違う」「同じハマチだとは思えない」などと驚いた様子でコメント。番組は、マギーさんが手を付けなかったシャリを放置したまま進行していった。

   こうしたマギーさんの振る舞いに、番組を見ていたネットユーザーからは「マナー違反だ」との声が噴出。ツイッターなどには、

「職人さんを前にして本当に失礼だと思った」
「寿司ネタだけ取って食べて、シャリ残すとか最低だな」
「寿司職人さんの前でネタだけ食べてシャリ残すとか...ドン引き」
「刺身食ってこい」

といった声が相次いで寄せられた。

事前の断りがなければ「気分を害するのが当然」

   マギーさんといえば、モデルとしての体型を維持するため「炭水化物抜きダイエット」を続けていることで知られる。14年11月24日放送のバラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した際には、「写真集などの撮影の際は、1週間ぐらい前から、グリーンスムージーかサラダしか食べない」などとストイックな一面を披露していた。

   そのため、ネット上ではマギーさんが「ダイエットのためにシャリを残した」と見る向きが強い。ツイッターなどには、「(ダイエットのためシャリを残したい)気持ちは分かる」と同情論もあるが、「自分のダイエットが第一で職人さんの気持ちを考えていない」との批判の声が上がっている。

   では、自分が握った寿司から「ネタだけをはがして食べられた」職人は、いったいどう感じるのだろうか。

   寿司職人の養成学校「東京寿司アカデミー」の広報担当者は、16年4月14日のJ-CASTニュースの取材に、「握り手から見れば、あまりしてほしくない行為であることは確かです」と語る。続けて、「番組の都合もあるのでしょうが」と前置きした上で、

「もちろん、事前に『シャリを食べられない』理由を伝えて頂ければ、きちんとした教育を受けた職人であれば、お客様の要望に合わせて調理します。とはいっても、何の断りもなく自分の握った寿司を『分解』されたら、気分を害するのが当然でしょう」

と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中