前田健さん「遺作番組」放送求める声殺到 「お蔵入りにしないで」「もう一度笑顔観たい」

印刷

   44歳で急死したお笑い芸人の前田健さんは、路上で倒れた日、バラエティー番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の収録に参加していた。不整脈の持病がありながら、50メートル走等に挑戦していたという。

   ネット上では、番組収録と急死の因果関係を指摘する声もあるが、前田さんの「遺作」となった企画の放送を望む声が急増する事態となっている。

  • 病院に搬送されたことが報じられた25日には、回復を祈る声が数多く寄せられた(画像は前田さんのツイッターのスクリーンショット)
    病院に搬送されたことが報じられた25日には、回復を祈る声が数多く寄せられた(画像は前田さんのツイッターのスクリーンショット)

ロンブー淳「楽しそうで、元気そうに見えたのですが...」

   前田さんは2016年4月24日19時すぎ、東京・新宿区の路上で倒れ、心配停止の状態で病院に救急搬送。一時蘇生したが、意識が戻らないまま26日未明に息を引き取った。

   倒れた24日は、朝9時から15時まで「ロンドンハーツ」の人気企画「スポーツテスト」の収録に参加していた。同日の詳細は、テレビ朝日が26日の定例会見で明らかにした。

   会見内容を報じた複数の記事によると、前田さんは午前中、50メートル走と走り高跳びに挑戦。ところが昼の休憩時に体調不良を訴え、医務室で診察を受けた。その後回復したため、午後は医師の了解を得た上で、腕相撲とリレーに参加した。

   前田さんは不整脈の持病があったが、番組側は把握していなかったという。一方、事務所側は知っていたようで、同局は「本人に負担の大きいものに関しては、事務所と本人で相談して出演を決めていたそうです」と説明したそうだ。今回の収録に関しても、本人が「大丈夫」と話したため、参加したらしい。

   番組のMC役を務めるロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(42)は26日夕、「亡くなる前にロンドンハーツの収録で一緒でした」とツイッターで報告。「楽しそうで、元気そうに見えたのですが...この日もマエケンさんは、すごく面白かったです。お腹を抱えて笑わされました」と当時の様子を振り返った。

「お前らの番組のせいやろ」との声も

   収録が終わってから数時間後に倒れたとあり、ネット上では因果関係に注目が集まっている。収録時の運動が実際に影響したかどうかは不明だが、田村さんのツイートには

「異変に気付いて欲しかった...」
「お前らの番組のせいやろ」
「元気そうとおしゃっていますが、前田さんは体調悪くされて医務室に...って」

と、厳しい言葉も寄せられている。

   しかし、同時に数多く寄せられているのが「スポーツテスト」の放送を望む声だ。「お蔵入りせずに放送して欲しいけど無理よね」「さすがに放送はなくなるのかな」と諦めモードの声もある中、

「マエケンさんの勇姿を是非、放送して欲しい!」
「笑顔をもう一度観たいです」
「マエケンさんも自粛とか望んでないかと...」
「お蔵入りにしないで」
「追悼という意味でも何とか放送してほしいです」

との声が続々と上がっている。

   テレ朝は放送予定については26日の会見で「現段階では詳細を把握できていないので、未定」と説明。J-CASTニュースが27日、テレ朝広報部に取材した際も「現時点でも放送については未定で、結論を出す時期についても決まっておりません」とのことだった。

   同局に対し放送を求める意見が届いているかどうかについては「視聴者の皆様から寄せられたご意見については公表することを前提に伺っていませんので、内容や件数等は控えさせて頂きます」としている。

   田村さんが「お腹を抱えて笑わされた」という前田さんの最後の仕事を視聴者が目にする日は来るのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中