オバマ大統領広島訪問を「歓迎しない」国々 「加害者」日本が「被害者」に変質?

印刷

   米国のオバマ大統領が2016年5月27日、現職の米国大統領としては初めて広島市を訪問することになった。オバマ大統領としては「核兵器なき世界」実現に向けての取り組みを強調したい考えだ。日本側は世界の首脳に対して被爆地訪問を求め続けてきた経緯から、オバマ大統領の訪問を強く歓迎している。

   だが、韓国や中国といった近隣諸国は必ずしも「歓迎ムード」ではなく、両国のメディアは日本の「被害者」としての面が強調され、「加害者」としての側面が薄れかねないことに対する警戒感を隠さない。

  • 米国のケリー国務長官(左から4番目)は現役閣僚として初めて広島を訪問した。この訪問がオバマ大統領の広島訪問の「地ならし」になったとされる(米国務省撮影)
    米国のケリー国務長官(左から4番目)は現役閣僚として初めて広島を訪問した。この訪問がオバマ大統領の広島訪問の「地ならし」になったとされる(米国務省撮影)

中国、韓国メディアが「歴史問題」とからめて報道

   オバマ大統領の広島訪問は、16年5月10日夜、日本政府が最初に発表した。安倍晋三首相は直後に首相官邸で囲み取材に応じ、オバマ大統領の広島訪問を「心から歓迎」するとした上で、「全ての犠牲者を日米でともに追悼する機会としたい」と述べた。被爆地の思いを世界に発信することは「核兵器のない世界へ向けて、大きな力になると信じている」とも述べた。

   米国政府側も、ローズ大統領副補佐官が5月10日夜(日本時間)、ブログに

「大統領の広島滞在で、平和と核兵器のない世界の安全保障を追及するという米国の長年の、そして大統領の個人的なコミットメント(関与)を再確認することになるだろう」

と投稿し、広島訪問の意義を強調した。これに加えて、ローズ氏は

「彼(オバマ大統領)は第2次世界大戦末期の原爆使用の決定を再考することはない。代わりに、我々が共有する未来に焦点を当てた前向きな見通しを示すだろう」

とも書いた。「大戦終結のためには原爆投下が必要だった」との主張が根強い米国内世論から「謝罪外交」といった批判が出かねないことに対して予防線を張った形だ。日米で70年以上にわたって続いている「歴史問題」をめぐる落としどころを探ったとも言える。

   しかし、韓国や中国では、オバマ大統領の広島訪問も、別の「歴史問題」に関連付けて報じられている。韓国の聯合ニュースは、これまでオバマ大統領が広島訪問をためらってきた理由のひとつとして

「日本に直接被害を受けた韓国をはじめ、アジア周辺国としても『加害者』である日本を『被害者』に変質させる結果になりかねないという懸念が大きかった」

などと解説。東亜日報は、

「一部では、安倍政権が軍事大国化と右傾化を加速させており、戦争を起こした『加害者』の日本が『被害者』のイメージを強化するきっかけになりうるという声も高まっている」

などと警戒感を強めた。

「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」の訪問にも注目

   さらに、韓国のYTNテレビと京郷新聞は、オバマ大統領が朝鮮半島出身者への配慮を見せるかどうかに着目した。YTNテレビは

「オバマ大統領が広島で、過去の日本の侵略戦争と安倍政権についてどのようなメッセージを送るかも注目される」

とオバマ大統領の発言内容を注視する構えで、京郷新聞は、

「日本の周辺国侵略の歴史を真摯に反省する姿を見せなかった安倍首相の在任時に(オバマ大統領が)広島を訪問することは、日本の右翼の歴史解釈を正当化するために利用されるという懸念も出た。韓国政府はこのような立場を公に表明していないが、中国政府は提起する可能性が高い」

などと指摘したうえで、オバマ大統領が広島の平和記念公園の中にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」を訪問するかどうかも関心事だとした。

   中国は現時点では政府としての見解は示していないが、国営新華社通信が

「第2次大戦中と大戦前に日本が残虐行為で近隣諸国に与えた苦しみを無視しつつ広島の悲劇に焦点を当てることで、日本が侵略者としての自らの立場を軽視し、『犠牲者』に置き換えようとしているに過ぎないと、多くの人々が信じている」

と伝えている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中