ローソン新商品、会計で突然「ファンファーレ」が鳴る 「からあげクン ホイミ味」に赤恥かく客が続出

印刷

   人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズとコラボしたローソンの新商品「からあげクン ホイミ味」を購入した客から、「会計時に恥ずかしい思いをした」との報告が続出している。

   その原因は、同シリーズお馴染みの「レベルアップ音」と呼ばれるファンファーレが、会計時に鳴り響く演出にある。ツイッターなどには、「店員さんにめっちゃ笑われた」「他の客が全員こっちを向いた」といった「赤っ恥」エピソードが数多く寄せられている。

  • 「ドラクエ」とコラボの「からあげクン」は恥ずかしくて買えない?
    「ドラクエ」とコラボの「からあげクン」は恥ずかしくて買えない?

「他の客が全員こっちを向くという気恥ずかしさ」

   ローソンが2016年5月10日から数量限定で販売している「からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味」。同社の定番商品である「からあげクン」と、スクウェア・エニックスが発売する人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズが、ともに16年で30周年を迎えることを記念したコラボ商品だ。

   ゲームに登場する定番の回復呪文『ホイミ』をイメージした商品で、パッケージにはゲームに登場する人気モンスター『スライム』の姿が大きく描かれている。また、付属するつまようじも、作中に登場する重要アイテムの『ロトのつるぎ』を模した形になっている。

   このように、ゲームのファンならば思わず「ニヤリ」とするような心憎い仕掛けが用意された商品なのだが、購入客からは「会計がとにかく恥ずかしかった」「赤っ恥をかいた」といった声が漏れ出ている。

   その理由となっているのは、会計時にレジから大音量で鳴り響く「ファンファーレ」の存在だ。ゲームの中で、「テレレレッレッテッテー」と、キャラクターのレベルが上がった際に流れる短い楽曲で、シリーズのファンならば誰でも知っている「お馴染みのテーマ曲」となっている。

   コンビニの店内で流れるファンファーレに戸惑った購入客は多かったようで、ツイッターやネット掲示板などには、

「ホイミ味買ったらレジでレベルが上がって他の客に笑われた」
「(ファンファーレが流れることを)知らなくてびっくりしたら、店員さんにめっちゃ笑われた......恥ずかしい」
「レジからレベルアップ音が流れて他の客が全員こっちを向くという気恥ずかしさ」

といった実体験が数多く寄せられている。ほとんどのユーザーは、笑い話の1つとして報告しているようだが、一部では「レジであんな恥ずかしい思いをさせられるなら、もう2度と買わない」「ホイミ味買ったら精神的ダメージ受けた」との声も見られる。

ローソン「ファンの方に喜んで頂きたかった」

   実際、J-CASTニュース記者が5月11日に東京都内のローソンで「からあげクン ホイミ味」を購入したところ、レジからは本当に「ファンファーレ」が流れ出した。レジの近くにはスーツ姿のビジネスマンがいたため、記者も少々気恥ずかしい思いをしたが、店員はすでに慣れた様子。とくに眉一つ動かすことなく、無表情で淡々と対応していた。

   ローソンの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、レジで音楽を流すという演出の趣旨について、

「秋葉原で15年8月にオープンした、『ドラゴンクエスト』とコラボした店舗で、ゲームの音源を入店時に流すという演出を実施したところ、お客様から大変好評でした。そうした経緯もあり、今回もお客様に喜んで頂ければと思いまして、レジで音楽を流す演出を企画いたしました」

と説明。その上で、記者が「会計時に恥ずかしい思いをした」といった報告がネット上に出ていることを伝えると、「そんな投稿があるんですか・・・」と戸惑った様子。続けて、「ファンの方に喜んで頂きたかっただけなんですが」と苦笑気味に話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中