「好きでした...、ごめんなさい」 涙のベッキー、「金スマ」謝罪にツイッターあふれる

印刷

   ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(27)との不倫騒動で休業中のベッキーさん(32)が2016年5月13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で「復帰」した。

   番組冒頭、ベッキーさんは司会の中居正広さん(43)を相手に目に涙を浮かべながら「こと」の真相を語った。

  • 104日ぶりにテレビ出演したベッキーさん(写真は2011年撮影)
    104日ぶりにテレビ出演したベッキーさん(写真は2011年撮影)

「気持ちが通ったら不倫だと思う」

   ベッキーさんのテレビ出演は、1月30日放送の「にじいろジーン」(フジテレビ系)以来104日ぶりだ。収録が行われたのは4月30日。男性ディレクターが茨城県内で野菜作りに励む人気企画「ひとり農業」のロケで、ベッキーさんは2日前になって参加を表明したという。

   番組は、ベッキーさんと中居さんが囲炉裏端で話すシーンからスタートした。初めに「来週、奥様に謝罪できることになった」と報告し、潤んだ目で謝罪が実現するまでの経緯を語った。番組テロップによれば、最終的に5月2日に実現したという。

   その後、通常の「ひとり農業」の放送が始まり、ベッキーさんも途中で合流。番組後半に再び2人のトークシーンが流れた。ベッキーさんは、川谷さんとは1月中旬に連絡して以来、一度もコンタクトをとっていない、と打ち明けた。

   元妻のインタビューが週刊文春に掲載されてから初めてその気持ちを知り、「自分の罪の大きさを知った」。「相手の立場に立って物事を考えることができていなかった」「ブレーキをかけられるタイミングで毎回かけられなかった」と悔やんだ。

   ベッキーさんは、川谷さんの名前は一度も出さずに、終始「男性」と表現。中居さんから「好きだったの?」と聞かれると「好きでした...、ごめんなさい」と感情を抑えきれずに涙を流した。「気持ちが通ったら不倫だと思う」とも語った。

   また、1月の会見前夜にLINEで「ありがとう、文春」「友達で押し通す予定!笑」などとやり取りしたことも初めて認め、「その時はまだ感情におぼれて、まだお付き合いをしたいと思ってたので...ごめんなさい本当に」と謝罪した。

   最後には視聴者に向かい、次のように語った。

「ファンの皆さま、世間の皆さまをお騒がせしてしまったこと本当に申し訳なく思っております。1月に行った記者会見はたくさんの間違いがありました。言葉を届けるお仕事をしているにもかかわらず、事実と違う事をお伝えしてしまって、本当に深く反省しています。人としてもプロとしても本当に最低なことをしてしまいました。色々な方々を傷つけ悲しませ裏切ってしまい、本当に深く深く反省しています。お許しを頂けないと思うんですけれども、またこのテレビのお仕事をゼロから、マイナスから頑張らせていただきたいなと思っております」

「LINEやりとりは本物」に衝撃も

   放送中から放送後にかけ、ネット上はベッキーさんに関する意見で溢れた。ツイッターでは「ベッキー」のキーワードを含むつぶやきが27万件以上投稿されている(13日23時時点)。

「すごく人間味があってよかった」
「前に進ませてあげなよ」
「ベッキーもう十分苦しんだでしょ」
「ベッキー応援したくなった」

などと歓迎する声が目立つ。インスタグラムにも「おかえり」コメントが殺到している。

   特に話題になっていることの1つが、LINEのやりとりを認めたことについてだ。素直に認めたことを「すごい」と評価する声がある一方で、「どんなに涙を見せられてもLINEを思い出すから私は同情できないよ...(笑)」「不倫云々よりも流出したLINEが捏造じゃないって分かった方が嫌」と複雑な気持ちをつづる人もいる。純粋に驚いた人も多かったようだ。

   なお、ベッキーさんは番組終了直後に久々にブログを更新。改めて謝罪の言葉をつづった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中