ハウステンボス、7月から200円値上げ 3月に続き2度目

印刷

   長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」は、2016 年7 月1日以降の入場料金を値上げすると、5月16日に発表した。値上げの幅は200円。園内を1日回って対象施設を利用できる「1DAYパスポート」が、大人(18歳以上)6700円、中高生5700円に改定。入場と園内バスの利用だけの「散策チケット」は、大人4200円、中高生3200円になる。

   値上げの理由について、ハウステンボスは園内施設の拡充をあげる。これまでの「光の王国」「花の王国」「音楽とショーの王国」「ゲームの王国」の4つの王国に加えて、5月からは「健康と美の王国」がオープン。16年夏には「ロボットの王国」や「水と冒険の王国」を新たに誕生する。「引き続き、ハウステンボスでしか体験できない『オンリーワン・ナンバーワン』の滞在価値の創出とお客様満足度の向上に努めていく」としている。

   ハウステンボスは3月1日にも料金を改定しており、値上げは16年に入ってから2度目となる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中