ついに日中決裂?上海・SNH48の「独自」活動 AKB、「契約違反」と判断

印刷

   AKB48グループの一角を占める中国・上海のSNH48と、「本家」AKBとの関係に異変が起きている。SNH48の現地運営チームに「契約違反」があったという文章がAKB48のウェブサイトに掲載されたのだ。「運営の見直し等を図る必要」も出てきたといい、AKB48の公式サイトに載っていたSNHのバナーや広告も削除された。

   具体的にどのような「契約違反」があったのかは必ずしも明らかではないが、最近のSNHはAKBの「お下がり」ではない独自の楽曲を売り出すなど独自の動きを加速させており、北京や広州に姉妹グループを立ち上げたとも発表していた。こういった独自路線が「契約違反」だと判断された可能性もある。SNH側は「いわゆる違反行為は存在しない」と主張しており、日中で言い分が対立している。

  • SNH48も「選抜総選挙」を行っている。写真は2014年の総選挙で撮影された(写真:Tungstar/アフロ)
    SNH48も「選抜総選挙」を行っている。写真は2014年の総選挙で撮影された(写真:Tungstar/アフロ)

楽曲や公演、「選抜総選挙」などAKBのビジネスモデルを輸出

   SNH48は、海外姉妹グループとしてはインドネシア・ジャカルタのJKT48に続く形で2012年に発足。AKBメンバーの宮澤佐江さん(25)と鈴木まりやさん(25)がSNHに移籍し、現地メンバーの指導にあたった。宮澤さんは毎年「選抜総選挙」の上位にランクインするメンバーで、「大型移籍」だとして話題になったが、日中関係の緊張もあって十分な活動が難しく、今は2人とも活動の拠点を日本に戻している。

   SNHは現地の運営会社「上海絲芭文化伝媒有限公司」がAKBからライセンスを受ける形で運営。楽曲や公演、「選抜総選挙」など、AKBグループのビジネスモデルを輸出した形だ。だが、16年に入ってから異変が起きた。

   15年までは、SNHは日本で発売されたAKBの楽曲を中国語版にアレンジして発売してきたが、16年に入ってからはオリジナルの「源動力」「夢想島」を発売。作詞も総合プロデューサーの秋元康氏以外の人が担当した。4月には北京と広州に姉妹グループを立ち上げることも発表され、5月20日には、オリジナル公演「心の旅程」もスタートした。

   それから20日ほど経った6月9日、AKB側も反応を見せた。公式ウェブサイトに

「SNH48の現地における運営サイドに契約違反があり、運営の見直し等を図る必要が出てまいりました」

などとする文章を掲載し、北京と広州で結成された「BEJ48」(北京48)と「GNZ48」(広州48)についても、

「当社は関知しておらず、AKB48グループとは何の関係もない」

とした。

   AKB側の文書ではSNHの「運営の見直し等を図る必要」がある、ともある。具体的な見直しの内容については「現在協議中」だと説明している。

   AKB48の運営会社はSNHとの契約内容そのものを明らかにしておらず、どのような点が「契約違反」にあたるのかは明らかではない。だが、一連の経緯からすれば、オリジナル楽曲や公演、新姉妹グループなどが「契約違反」だと判断されている可能性が高い。

SNH「いわゆる違反行為は存在しない」

   それを裏付けるとも言えるのが、翌6月10日にSNH側が公式ウェブサイトに掲載した反論の文書だ。文書では、SNH48を

「完全に独立し、自主運営している中国本土の大型アイドルグループで、ネットの考え方に基づいたスター育成プラットフォーム」

だとした上で、AKB48との関係を

「運営は日本のAKB48と国境を越えた技術協力関係の中で行われており、いわゆる違反行為は存在しない。我々は今までどおりの運営を行っていく」

などと主張。2つの姉妹グループにも触れながら、

「(姉妹グループ立ち上げの発表と)同時に、音楽の内容も独自戦略を取ることを発表している。これは、すでにSNH48が完全に全面的に独自路線を取っていることを示している」

とした。オリジナル楽曲と公演についても「好評を得ている」として、独自路線を継続する考えだ。

   前出の宮澤さんは16年4月にAKB48グループを卒業したばかり。6月9日夜には

「私が卒業したからとか関係なく、なんかモヤモヤする。。。作ったのにほったらかしにしてたのも悪いし、勝手にいろいろしちゃうのも悪いし。。うーん、、、ここに書ける言葉がこれ以上出てこない」

とツイートした。日中両方に問題あり、とみているようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中