指原莉乃「インタビューは全部ウソ」 スキャンダル成金の本音発言

印刷

   先日の「AKB48選抜総選挙」で史上初の2連覇を達成したHKT48の指原莉乃さん(23)から、ぶっちゃけ発言が飛び出した。日頃、雑誌等のインタビューで答えている内容は「全部ウソ」だというのだ。

   その発言が出たテレビのスタジオでは驚きの声が上がったが、ファンは意外にも、実に冷静に受け止めている。

  • インタビューでの発言は「全部ウソ」?(写真は2015年撮影)
    インタビューでの発言は「全部ウソ」?(写真は2015年撮影)

「好きなタイプとか、雑誌によって全部違います」

   発言があったのは、2016年6月26日放送の「諸事情により...小木&指原が知られざるこの世の闇を、暴きます!」(日本テレビ系)でのこと。番組では、芸能人のプロフィールで、「盛っている」部分があるかどうかの話題になった。

   すると、指原さんは雑誌等で取材を受ける際のこととして、自らこう打ち明けたのだ。

「私、インタビューでウソつくんですよ、すぐ」

   そして、「どういうウソつくの?」と聞かれると「全部ウソついてます!」と即答。観客席からは驚きの声があがった。

   さらに、指原さんは

「好きな(男性の)タイプとか、雑誌によって全部違います」

と、ぶっちゃけ発言を連発した。

   お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さん(36)が「そういうのを見て、ファンの方はWikipediaを書き換えたりするやん」と指摘すると、指原さんは

「そう!だからすっごい困っているのが、昔、『男嫌いキャラ』みたいのをやってて。『男性なんて無理です』って言ってたら、『アレ』(男性スキャンダル)が出ちゃった」

と、インタビュー時のウソと現実に齟齬が生じてしまったエピソードを告白。「それが一番の人生の汚点。書き直したい」として、後悔を口にした。

「話半分で聞く習慣が出来てしまった」

   指原さんのインタビューを熱心に見聞きしていたファンの中には、本人から「全部ウソ」と言われれば、少なからずショックを受ける人もいそうなものだ。しかし、ネット上にそうした声はほとんど見られない。指原さんの発言に対して、

「こっちも話半分で聞く習慣が出来てしまった」
「大丈夫、これ込みで楽しんでるので」
「芸能人に限れば嘘つかない奴は面白くない」

と、すでに良くも悪くも、インタビューの内容を本気にしていない人が多いようだ。中には

「タレントはあくまで夢を売るのが仕事だからね」
「嘘はつきますよという言葉を正直に言うのは偉いよ」

などと、評価する声すらあった。

   そもそも、この番組での「話」自体もどこまで本当か分からない。たとえば「人生の汚点」としていた出来事の評価だ。

   「週刊文春」が指原さんの男性スキャンダルを報じたのは2012年のこと。それまで「男の人が苦手」「付き合えない」「『好き』と言われても、絶対ウソだと思ってしまう」等の主張を繰り返していただけに、当時のファンの衝撃は相当なものだった。

   しかし、この事件でAKB48からHKT48に「左遷」された後の選抜総選挙では、逆風を乗り越えての初の栄冠を手にした。これには本人も文春への感謝を口にしていたほどで、今回の総選挙でも、自身を「スキャンダル成金」と表現していた。

   指原さんの「発言」は、ますますしたたかさを増している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中