ザ・ピーナッツ伊藤ユミさん死去 「モスラが泣いてる」追悼続々

印刷

   双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の伊藤ユミ(本名:月子)さんが2016年5月18日に亡くなっていたと分かった。75歳だった。所属事務所が7月11日に発表した。葬儀、告別式、四十九日法要は、親族の意向で近親者のみで済ませたという。

   代表曲「恋のバカンス」をはじめとする数々のヒット曲をもつほか、映画「モスラ」(1961年公開)では挿入歌を歌うとともに出演も果たした。

  • 伊藤ユミさんが亡くなり、「ザ・ピーナッツ」のCD・レコードにも注目が集まる(画像はアマゾンのスクリーンショット)
    伊藤ユミさんが亡くなり、「ザ・ピーナッツ」のCD・レコードにも注目が集まる(画像はアマゾンのスクリーンショット)

姉妹の美しいハーモニーで、昭和歌謡史に足跡

   ユミさんは姉・伊藤エミ(本名:日出代)さんとともに「可愛い花」で1959年にデビュー。姉妹による美しいハーモニーでヒット曲を連発し、昭和歌謡史に大きな足跡を残して1975年に引退した。シングル、LPの累計売上枚数は1000万枚を超える。姉・エミさんは2012年6月15日に71歳で亡くなっている。

   映画「モスラ」では挿入歌「モスラの歌」を歌い、妖精役で出演も果たした。また、日曜日のバラエティ番組「シャボン玉ホリデー」のレギュラーとしても人気を集めた。ファンの中には、ピーナッツの曲だけでなく、モスラの妖精の印象も強く残っている人が多く、ツイッターでは

「モスラが泣いてる」
「マジかよ、これからどーやってモスラ呼ぶんだよ」
「あぁまた昭和が遠くなった。合掌」
「今日はピーナッツのCDを引っ張り出してご冥福をお祈りいたします」

と追悼の声が多数寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中