「ポケモンGO」で任天堂イケイケ 「大人気」うけ株価も絶好調

印刷

   ゲーム大手、任天堂の株価が急騰している。

   「買い」の材料になっているのが、米国やオーストラリアなどで発売されたスマートフォン向け無料ゲームの「Pokemon (ポケモン)GO」。日本に先駆け、2016年7月7日に発売され、現地では爆発的な人気を呼んでいる。

  • 「ポケモン GO」の大人気で、任天堂株が上昇(画像は、「Pokemon GO」のホームページ)
    「ポケモン GO」の大人気で、任天堂株が上昇(画像は、「Pokemon GO」のホームページ)

「ポケモン」を探しに街へ

「ポケモンGO、米で町さまよう人続出 死体発見の騒動も」(朝日新聞デジタル)
「スマホ用『ポケモンGO』が米で配信すぐ人気沸騰 『ツイッターに匹敵』とも 事件も発生」(産経新聞)
「米で『ポケモンGO』人気沸騰、ユーザー狙う強盗事件や負傷例も」(ロイター通信)
「『ポケモンGO』公開4日で売上14億円突破、米調査会社データ」(Forbes JAPAN)

   2016年7月12日、米国で大人気の「ポケモン GO」を、メディアはこんな見出しで報じた。

   「ポケモン GO」は、世界初の「リアルワールドゲーム」を開発したNiantic Labsと、「ポケモン」ブランドをプロデュースするポケモンカンパニー、ゲーム大手の任天堂の共同開発によるスマホ向けゲームアプリ。スマホの活用で現実の世界とゲームの仮想世界がつながり、プレイヤーはスマホの位置情報を使って現実の世界を実際に歩きまわることで、ひょっこり登場する100匹以上のポケモンを捕まえて、コレクションして遊ぶ。

   見つけたポケモンは、スマホのカメラ機能で写し出された実際の風景と合成して表示され、ポケモンが現実の世界に存在しているかのような感覚を演出。また、ポケモンとジムへバトルに繰り出したり、有名な建物や観光名所などを設定できる「ポケストップ」(ポケモンを獲得できる場所)でモンスターボールやタマゴを手に入れたり、タマゴをかえして新しいポケモンと出会ったり、育てたりできる。

   プレーは無料だが、アイテムを購入すると課金される。

   そんなゲームのため、米国ではスマホの画面を見ながら町をさまよう人が続出。立ち入り禁止場所に迷い込む人が出たり、7月11日には米ミズーリ州で、「ポケモンGO」のプレイヤーらがプレー中に強盗被害に遭う事件が発生したり、ワイオミング州ではポケモンを探して川の近くを歩いていた19歳の女性が偶然に死体を発見する騒ぎまで起きて、州警察などが「ポケモンGO」で遊ぶ人たちに注意を促している。

   さらに、アイテムやモンスターボールが手に入る「ポケストップ」に設定された教会内にユーザーが殺到してトラブルになったケースや、公開直後にアクセスが殺到してサーバーがダウン、サービスが一時停止しているとの情報も伝えられている。

   ロイター通信によると、SimilarWebのデータでは「ポケモン GO」は7月8日の段階で、全米のAndroid端末の5.16%にインストールされており、ダウンロードしたユーザーの6割以上が毎日アクセスしている、と報じた。1日あたりアクティブ・ユーザー数はTwitterを抜いたという。

日本のファン、待ちきれない!

   そうしたなか、「ポケモン GO」を共同開発したNiantic アジア統括マーケティングマネージャーの須賀健人氏は2016年7月7日、自身のツイッターで、

「日本の皆様は引き続きお待たせしてしまい申し訳ございません・・・」

と、ツイートした。

   これに、インターネットでは、

「まさか、iOSは1か月後とかないよね?」
「早くゲームしたい! ポケモンは日本のモノなのになんでいつも一番遅いんだよ」
「もう、ガマンできませんよ~~ イライラしています」

と、リリースを待ちわびるゲームファン、ポケモンファンが多くの声を寄せている。

   なかには、

「おいおい、あまりにも遅すぎるんじゃねえか? 何日に配信するか明確にしろよ」
「もう少しってどのくらいだよ... なにをそんなもったいぶってるんだ。いつ出すのか言えよ」

と、焦らされて怒り出すファンもいるようだ。

   日本での発売について、ポケモンカンパニーは「申し訳ありません。まだ、未定です」と話している。ただ、任天堂が7月末に、「ポケモン GO」をスマホ画面を見続けなくても遊べるデバイス「Pokemon GO Plus」を発売する予定で、「ポケモン GO」もこれにあわせてリリースされるとみられる。

   こうした「熱狂ぶり」を受けて、2016年7月11 日の任天堂株は大幅続伸。一時、値幅制限いっぱいとなるストップ高を付け、前営業日と比べて4000円高の2万270円となった。12日も、2万3045円の年初来高値を更新。終値は2580円高の2万2840円で、4日続伸した。

   ゲーム業界で、任天堂はスマホ向けのゲームでは「後発」とされるが、「ポケモン GO」のリリースで、一気に巻き返す勢い。ゲームではアイテムの課金売り上げに加えて、プレイヤーがスマホの位置情報を使って歩きまわるので、店舗や観光名所、イベント会場などに「動員」できる。企業からの引き合いが見込め、収益アップにつながる。

インターネットには、

「すげえ。早くやれよ」
「これは流行るわ。引きこもりがやるにはキツイゲームだがなwww」
「よしよしそのまま邁進しろ! やっと現実的な商売路線に修正したなぁ」

などと、個人投資家の期待の声もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中