大橋巨泉さん死去 悲しみの倍率ドン

印刷

   テレビ番組の司会者などで親しまれたタレントの大橋巨泉さんが2016年7月12日、千葉県の病院で急性呼吸不全のため亡くなった。82歳だった。

   巨泉さんは、闘病のため入退院を繰り返していた。7月20日、妻の寿々子さんがコメントを公表。葬儀・告別式は親族のみで行った。後日、しのぶ会を開く予定。

  • 「週刊現代」2016年7月9日号、巨泉さんの連載「今週の遺言」(写真手前)
    「週刊現代」2016年7月9日号、巨泉さんの連載「今週の遺言」(写真手前)

マルチな活躍、人気番組の司会者も

   1934年、東京生まれ。早稲田大学を中退後、ジャズ評論家、放送作家などを経て、テレビ界入り。日本テレビ系「11PM」やTBS系「お笑い頭の体操」「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」などの司会者として活躍した。「野球は巨人、司会は巨泉」といわれるほど人気を博した。TVのCMや番組を通し、「はっぱふみふみ」や「倍率ドン」などの流行語、決め台詞でも知られる。

   2001年には、参議院選挙に民主党(当時)から立候補し当選したが、半年も経たないうちに執行部を批判するなどして辞職。

   2005年に胃がん、2013年には新たながんが見つかっていた。今(16)年4月には体調が悪化、入院して治療を受けており、22年にわたって連載してきた雑誌のコラムも7月9日号で終了した。

   死を悼む声が多く挙がっており、菅直人・元首相は

「近年がんと闘っておられることは知っており、回復を祈っていた。残念だ」
「(民主党離党の際も)政治家としても筋を通した人だった」

などと冥福を祈るコメントをブログに投稿した。

   ほかにも、ツイッター上には「昭和が遠くなる...」といったツイートが相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中