鳥越氏側、「週刊文春」を刑事告訴へ 「女子大生淫行」報道は「事実無根」と

印刷

   東京都知事選(2016年7月31日投開票)に立候補しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の陣営は7月20日夜、7月21日発売の「週刊文春」7月28日号掲載の記事をめぐって同誌編集部に抗議文を送り、選挙妨害と名誉棄損罪で東京地検に刑事告訴する準備に入ったと発表した。

   問題とされたのは、「鳥越俊太郎 『女子大生淫行』疑惑」と題して掲載された記事。記事では、鳥越氏が02年に当時大学2年生だった女性を富士山麓の別荘に誘い、強引にキスしたなどと報じている。記事は、女性が後に結婚した男性の証言を根拠としている。

  • 鳥越氏の陣営が問題視している「週刊文春」7月28日号
    鳥越氏の陣営が問題視している「週刊文春」7月28日号

代理人は名誉棄損訴訟で有名な弘中惇一郎弁護士

   鳥越氏の代理人弁護士が送った抗議文によると、「文春」側からは事前にファクスで取材があり、

「本人に確認の上、弁護団から事実無根であると文書で明確に否定する回答をするとともに、無責任に記事化すれば選挙妨害になると強く警告した」

とした上で、

「記事は、『疑惑』が事実であるとは断定せず、一方的な証言と思わせぶりな記述だけで、あたかも『疑惑』が真実であるかのような印象を与えるものとなっている。こうした手法で有権者に事実と異なる印象を与えようとする行為は、明確な選挙妨害であり、公職選挙法148条1項但書によって禁止される『虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害』する行為に他ならず、同法235条の2に規定する罰則の対象にもなりうる行為である。また、刑法230条1項の名誉棄損罪を構成する」

と主張。民事ではなく21日にも

「東京地検に刑事告訴すべく準備を進めていることを申し添える」

としている。

   鳥越氏の代理人は、芸能人が起こす名誉棄損訴訟で弁護人としてメディアに登場することが多い弘中惇一郎弁護士らが務めている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中